FC2ブログ

トータル・イクリプス

トータル・イクリプス 『第3話 錚々たるユーコン』

signs ~朔月一夜~ 通常盤 アーティスト盤 トータル・イクリプス盤


 そうか、OPが使い回しだったのは前回までがプロローグだったからか。今回からが本編と。ってここでもOP使いまわしじゃねーか!?しかもこの話数の!?どんだけOP作る余裕ないんだよ!?
 まぁそれはさておき、いきなり生天目さんとまみまみがシンクロしてるもんだから、ついに戦術機にも意思が宿ったのかと思ったらただの複座だったで御座る。
 そして、世界中から集められた優秀なパイロットと優秀な機体という、そりゃあんだけの戦力差を見せつけられてはもはや結集して戦わないとどうしようもないとなるわなぁ。
 って世界地図のBETA侵略図で日本がちょっとしか含まれてない!?い、いや、首都まであんなに一気に攻められておいてあの後日本海側まで戦線押し返したのか!?武御雷の力がそこまでだったとでも…?日本帝国軍すげぇんだが。
 相変わらずスーツはエロいが着替えもエロいです、はい。


 マカロニかっこいいなぁマカロニ。こういう飄々としたイケメンは嫌いじゃないぜ。
 単純馬鹿のチョビ、知的美人のヴィーナスとメンバー的には王道である。ユウヤも優秀だが訳ありの主人公という鉄板ぷり。
 ヒロイン立ち位置の唯依であるが、一人だけバックボーンが描かれているのでユウヤに対する理不尽的な当たりには納得がいくんだよなぁ。対人戦だからあれで勝てていたが、相手がBETAだったら確実に死亡な内容だっただけに、唯一対BETA戦の実戦経験がないと思われるユウヤを隊長機に据えるのは、それだけハードルを上げざるをえないのだろう。
 実際、唯依はあの後日本でのBETA戦を生き抜いた上で押し戻したわけだからなぁ。くぐった修羅場が違うだろうな。3年で中尉になった実力は推して知るべし。

トータル・イクリプス

トータル・イクリプス 『第2話 帝都燃ゆ(後編)』

signs ~朔月一夜~ 通常盤 アーティスト盤 トータル・イクリプス盤


 OPが1話の使い回しっていうのは、毎回全話のダイジェストっていう仕様なのか作画が間に合わなかったのか。OPは一番作画に力を入れる部分なだけに、OPがおざなりになるっていうのはよっぽど作画のステジュールが組めなかったということになるから今度が心配だなぁ。現状でも中の中あたりなのに。
 それはそうと、もう戦争じゃなくてただ雪崩れ込むのをいかに防ぐかっていうレベルになっとる。艦砲射撃で街ごとふっ飛ばさないとどうにもならないような相手じゃそもそも機体数の限定される戦術機の小隊規模を何個投入しても勝てるわけない。
 それが訓練過程も修了してない新人部隊じゃ手も足も出ない。油断したところをあっさりとやられる辺りももう完全にフラグにしか見えないぜ。
 さらに鬼教官が上官として若い戦力を活かすために犠牲になるお約束まで。容赦無いなぁ。
 関係ないけど、こういう作品で米軍が義理堅いって珍しいよね(えー)。


 いやホント、容赦無いなぁ。
 残酷描写いちゃんとした意図が言えるっていうのは、修正が入っててもわかるよなぁ。ホント、BLOOD-Cってなんだったんだろう。
 これ、唯依は間に合ったのかなぁ。この最後の笑みがこの状況でも撃てないという唯依のお人好し度合いを笑ったものなのか、実はちゃんと心臓とか撃てていて感謝の微笑みなのか。
 ここで武御雷の登場だーっ!名前しか聞いたことないけど!(えー)。戦術機の代表的な名前として認識してたわ。
 そして、いきなりの3年後である。
 この時点で日本が陥落してないとは到底思えないのであった。ていうか何処の国が残ってるんだっていうくらいの圧倒的戦力差。

トータル・イクリプス

トータル・イクリプス 『第1話 帝都燃ゆ(前編)』

signs ~朔月一夜~ 通常盤 アーティスト盤 トータル・イクリプス盤


 60年代にすでに月面に人型兵器を送り込めるだけの科学力を持っていた人類が手も足も出ずに地上降下を許してバカスカ侵略されていく…BETA恐ろしくすぎる。
 しかし、まだまだ前線が遠い日本では兵育成の現場でもこの余裕っぷり。やはり実感が無いと油断するもんだよな。


 なんにしてもこのスーツはエロい。さすがエロゲー原作。
 むしろ乳首が透けてないのがおかしいレベル(えー)。


 シミュレーションではなく実機訓練ってだけでも凄いのに、ビル群のセットすら用意しての市街戦の訓練までやるって相当力入れてるなぁ。対BETA戦における戦術機の切り札っぷりが伺える。
 黒髪ロングストレートがテンプレ的に主人公に高いプライドで食って掛かってきていたのに、たかだか模擬戦で負けた程度で軟化しちゃうのは早いよなぁ。そんなキャラだったら最初から目の敵にしないだろうと思うんだよねぇ。
 そのあとに生活を共にすることで打ち解けてくるっていう展開の方が納得できたのに、最初の一歩で踏み込みすぎたなぁ。


 現実的に戦死者が出てくると否応なしに自分達の立場を思い知らされてしまう若い兵士達。
 それどころか、あっという間に上陸されて九州落とされてもう目の前だよ!?やばすぎるぞ、BETAの侵略速度!?こんなん相手に30年もよく大陸だけで抑えられてたな。
 そりゃもう覚悟決めて戦場に出るしかないぜ。新人だろうが候補生だろうがもはや戦って生き残らねば。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top