FC2ブログ

祝福のカンパネラ

祝福のカンパネラ 『第12話 祝福のカンパネラ』

祝福のカンパネラ 第6巻 [Blu-ray] [DVD]
シアワセは月より高く
未来回帰線
祝福のカンパネラ キャラクターソングアルバム


 いきなり天蓋の水車見つかったのかよ!?ってここあの鉱山の遺跡か!ワープゾーンだったのかよ。これ、最初にきたときにガーネットを連れて来てたら一発だったんじゃ(ニガリ)。
 ここは任せて先に行けというお約束をかましてきた二人だが、相手が相手だけに全然余裕でむしろ倒してしまっても構わんのだろう?って感じが(笑)。数多いけど。
「そしてその後は魚パーティです」
「分かった、生きのいい秋刀魚を用意しよう」
 こいつら愉快な事言ってるし(笑)。

 一方街にも影響が出まくりなことになってやっと騎士団の出番が!ロリコンだけじゃないことがようやく証明された!!(えー)。
 そして、リトスに撫でられる姉さんが可愛いよ!コマンドのじぜんをだいじにはちょっと笑った!!
 って、ジャッキー強ぇぇぇっ!レスター親父巨大ハンマァァァっ!!さすが元冒険者!!為政者としては頼りないが戦士としては頼りになりすぎる!!そりゃ続くぜ~超続くぜ~。


 ニックカッコよすぎる!が、二番煎じなのが辛い!!(えー)。ていうか、ガーネットはむしろエール関係では主力じゃないのかねぇ。世界の危機に他の竜族はなにをやってるんだ。

 ってお母さんかよ!?
 全然似てないよ!ていうか子供いる年齢なのかよ!?そういやレスターの親父達の冒険者仲間だったってことすっかり忘れてたわ、もうこのクラスのお母さん達は化け物揃いだな!(えー)。つーかアニエスが成長するくらい会ってなかったのか。
 チェルさんまで知り合いだったのか。元冒険者仲間って!?

 というわけで、ミゼ・アルトワーズ最終ボス説が浮上(えー)。いや、別にそんなことはないんだが、口調がそんな感じだ(笑)。それに、でかい犠牲のために小さい犠牲は仕方なしという考えを通してもらっちゃ困るぜ。自分が犠牲って言うよりも晶石モンスターで被害が出てるからなぁ。
 正直、その考えが通るならエールなんてとっととなくしちゃえばいいじゃないってことに。ミネットやミリアムのような例外はともかく、エールがなくなっても人類に被害が出ることはないだろう、不便になるけど。モンスターに襲われるのとどっちがマシかっていう話だよな。しかも、この方法でも多分ミリアムはいずれ死ぬだろうし。
 電気がない生活に戻るか、それとも電気は使えるけどいつ雷が落ちてもおかしくない状況で一生暮らすか。しかもペースメーカーの人はいつ機能停止してもおかしくないという。
 ミゼ・アルトワーズが言うようなリスクの高さじゃないんだよな。どっちにしろ全然ベストじゃない。無論ベストなのは天蓋の水車を修復して元通りに収めることなので、そりゃその可能性にかけるのも悪くないって言うか、現状ではそれが一番マシだと思うんだが。


 ごめん、エールの暴走を甘く見てた(笑)。
 これ一人で食い止めてたのかよ!?そりゃ絶望的になるわ!その中で天蓋の水車修復なんて不可能すぎる!
 だがしかし、クランはパーティなんだぜ?一人じゃない!一人じゃないんだーっ!!でもみんな消費が激しい!晶石モンスターなんかとは格が違いすぎる!
 やっぱりガーネット連れてくればよかったんじゃ?こういう時の竜俗の力!って、そういえばガーネット本来の力使えない状況だっけ、役に立たねぇなぁ(マテ)。
 つーか、アニエスのオートマタってそんな技持ってたのかよ!?なにそれ!?(笑)。


 ピンチに駆けつける仲間もお約束だぜ!むしろゴーレムの活躍っぷりに惚れる!!
 ってなんか剣が飛んできたんですけどーっ!?(笑)。もうなんでもありだな!?
 レスターもなんか修復しちゃうしな!なんかメインの天蓋の水車の修復が全然さっぱりでニガリ。てっきりあふれ出したエールをミネットがコアを使って鎮める展開だと思ってたんだがなぁ。そっちの方がまだ納得できたのに。


 まぁ、ミネットがミゼをお母さんと呼んだ瞬間にボロ泣きだったわけだが。
 ここでミネットが自分を犠牲にして事を収めても前回の話がいったいなんだったんだってことになるのはわかってるしな。
 ミゼはなんで自分だけで事を進めちゃったのかなぁ。見つけたときにはもう暴走状態でエールの流れに介入したいといけなくなったので身動きが取れなくなったってことなのか。そういやミゼって歩けないのかね。乗ってた椅子はどうも自動式のようだし。さすがにオートマタで知らせるって事はできなかったのか。


 アニエスは残ったのか、せっかくの親子再開だったのに。あと斧にご執心なニックに笑ったじゃねーか!!
 結局タイトルのカンパネラはミネットが作った鈴でしたよーってことで。皆で頑張れば皆で幸せになれるのさ。


 総評。
 基本的に楽しめた作品ではありました。
 話の内容は面白かったけど、ただ見せ方はもっとあったんじゃないかなぁとは思う。ノリで見ないとついて行けない部分があったのでそれを乗り越えないとちょっと厳しいかなぁ。
 エールの説明や国の成り立ち等世界観にかかわるところが曖昧で、ギャグで通していいものかどうか悩むところであった。作風的に深く考えちゃいけなんだろうけど、深く考えてもいいような作りでないといけないとも思う。
 あと、消化不良の設定が多すぎる。レスターがアイテムに名前付けるっていうのはラジオからの情報だが全然出てこないし、チェルさんの予言とかミゼとの関係とか。
 とりあえず、姉さん可愛い、ゴーレムカッコいい(えー)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top