FC2ブログ

野球

今日の巨人戦 ○巨人6-5日本ハム●

 昨日今日と逆転で勝てているのは最近の淡白な負け方からするといい流れになってると思う。
 相変わらず先発の炎上っぷりは止められず、まさか東野ですらフルボッコとは。しかし、前々回までと違うのは中継ぎが踏ん張れたこと。オビスポの1失点なら上出来だろう。
 オビスポは元々コントロールに難があるわけで、やはりロングリリーフでは厳しい気がするのだが、他に負け展開で使う投手がいないのだろうか。以前なら久保だったわけだが、調子がいいので複数イニングで使用過多になるのも怖い。
 打線のほうも相変わらずホームランでしか点が取れないわけだが、昨日と違って2ランと3ランである。ランナーが溜まってるところで出ているのなら問題はない。連打で得点・ビックイニングなんていうのは滅多に起こらないものなのだから。
 東京ドームはホームランが出やすい。つまり、他球場でヒットになるあたりがホームランになるということで、どっちにしろ打者としては調子がいいのだ。


 さて、昨日からの由伸の2番起用である。
 ホームランが出てるから原監督の起用大当たり、というのはいささか的外れだとは思うわけだが、この由伸2番は面白い。
 原監督は由伸2番起用の理由に出塁率の高さを上げている。
 松本の負傷以降2番でのチャンスメイクがなかなか出来ずに打線が切れることが多くなったのは明白で、脇谷や長野・はたまた鈴木などを試してみたがあまり機能しなかった。ここで調子のいい由伸を下位で遊ばせるより2番のほうが破壊力があると考えたわけだ。
 2番の役割とは主に前のランナーを進塁させることだ。だからバントが必須になったりするわけだが、ようはヒット打つなり四球選ぶなりして自分が塁に出ればいいわけだ。出塁率の高い由伸を使うのはなにも不思議なことじゃない。ただ今までの2番よりも長打力があるだけの話。

 この2番に長打力打者を置く方法。前にどっかのコラムで読んだ気がする。
 そこでは由伸ではなくて、坂本と松本を入れ替えるという内容ではあったが、つまり当時首位打者だった松本を1番にして出塁、坂本の打席で盗塁して二塁もしくは三塁にして長打力のある坂本で一撃かますというものだった。なかなかに面白い手法と思ったのだが、これに近いことになったのかなぁとちょっと感慨深かった。
 まぁおそらく坂本を1番から外すことはないので、上のまんまの起用はありえないだろう。原監督は坂本を1番で経験を積ませて将来は3番あたりに育て上げるようだ。亀井や長野を使い続けるのも同様だろう。ココだけは状況でオーダーを代える原監督が絶対ブレない。

 また、原監督の起用方法で一貫してるのは、その時々で調子のいい人間を起用するということと同時に既成概念にとらわれないということもあるように感じる。
 例えばファーストを固定しないこと。セオリーならいわゆるレギュラーというものは固定されているチームほど強いと言われるが、原監督はファーストを固定せず、また色々な選手にファーストを守らせることが出来るよう準備をさせることによって多様なオーダーを組めるようになった。
 おそらく今までの常識だと、オーダーを代えるのはレギュラー選手の調子が落ちたからというのが一番の要因だと思うのだが、原監督の場合はレギュラー選手よりも控え選手の方が調子がいいからということで組み直しているように思える。似てるようで全然違うのだ。

 そして、原監督のすごいところはそれをちゃんと説明してくれるところだ。
 インタビューもそうだが、さらにホームページで試合を振り返って戦略の解説をしてくれたりする。現役監督がそんなことするのは異例すぎるが、ファンとしてすごく面白いのであった。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top