FC2ブログ

大正野球娘。

大正野球娘。 『第十二話 土と埃にまみれます』

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray] [DVD]
大正野球娘。 第6巻(初回限定生産) [Blu-ray] [DVD]
浪漫ちっくストライク [Single] [Maxi] ユメ・ミル・ココロ [Single] [Maxi]


 変化がわからない、もしくは変化するのがわかってもその時点でバットを振ってしまってるというのがツーシームの打たせて取るピッチングなので、しばらくはツーシーム使用を見破られてもそうそう打ち込まれることはないと思っていたのだが、やはりクセを盗まれていたか。これはピッチャーの宿命だなぁ、バッターにもあるけど。
 頼みのナックルも実戦では役に立たないし、これはきつい。

 ところで、前回も気になっていたが、今回も外野からの返球に備えて晶子がちゃんとキャッチャーの後ろにフォローしにいってるんだよなぁ、ファーストに送球するときはちゃんと小梅がフォローしてる。こういう細かい描写があるのが野球好きとしてはたまらない。


 雪、超ファインプレー!
 しかし、この代償は大きかったぜ。普通なら交代、現状ではやはり試合放棄っていうか審判が止めるよなぁ。だが、ここで諦めたら女が廃る!一瞬新聞部復帰とか思ったけど(笑)。

 つーか、雪って本当に純粋に野球好きだったんだなぁ。そりゃ最初からポテンシャル高かったけど。


 セーフティバントで一塁、ランナー送りで打球と走者交錯からエラー!なんていうラッキー!タマちゃんはさすがの3番。しかし、ここまでで胡蝶が盗塁するシーンがないのが寂しいなぁ(笑)。

御都合主義だと笑わば笑え!しかし見よ!見よ!この燃える展開!見よ、この満塁ホームラン!!
 ここで打たねば誰が打つ!これぞ4番の仕事!実際真ん中よりだが低めのいい球だぜ。これをよく拾った!


 ちょっとマテ!ストレートと握り変えてるってことはツーシームじゃなくてカットボールだったのか!?なんてこった!そりゃカットボールも握りで言えば簡単だけどさ!
 グローブで見分けるのもお約束だよなぁ(笑)。昔頭上に構えたグローブの隙間から見えるボールの面積で変化球を見抜いたバッターいたし。

 しかし、こいつら守備力が半端じゃない!
 センターバックホームからのタッチアウト!フライダイビングキャッチ!巴のコントロールをカバーする開脚キャッチ!そして、二遊間のグローブトスからの一塁送球!!どれもプロ顔負けの素晴らしいプレーだよ。
 実際二桁失点でもおかしくないピッチャーの実力を9点で凌いでるのは確実にこの鉄壁の守備のおかげ。しかも、皆ちゃんと練習してたもんなぁ。惜しむらくは小梅が盗塁を刺すシーンがなかったのは残念だ!

 そしてここで決まるナックル!
 あんだけ苦労して編み出した最終兵器だったがあっさり終了してしまったなぁ(笑)。まぁここで最高潮に盛り上がってもらってはさすがに御都合主義が目に余るんでこれでOK。


 ピッチャーとバッターの真剣勝負!そこに男も女もない!この眼がたまらない!これぞ野球の醍醐味!!
 そして、2アウト一三塁からのまさかのセーフティスクイズ!そして、さらに一塁からの強行生還!!普通はやらない、よっぽど後ろの打率が悪かったんだろう。
 小梅のスライディングは、キャッチャーのブロックもさほどきつくなかったのでミスといえばミスだろうが、このギリギリをプレーにすべて完璧を求めるのは酷だよ。彼らの全力に敬意を表したい。素晴らしい試合だったよ。


 皆清々しいですなぁ。
 もやは最初の確執なんてどうでもいい。野球を通して彼らはいくつも成長した。それだけで十分だ。

結論:野球最高。

 あ、色ボケ野郎は個人的にボコってほしかった(えー)。


 最後にラブラブっぷり見せつけやがって(笑)。
 セーラー服ってことは親父も結構柔らかくなったんだろうなぁ。小梅可愛いよ小梅。



 総評。
 ただ一言、ちゃんと野球やっててよかった、と(笑)。
 ぶっちゃけ、ここまでちゃんとやってくれるとは思わなかったんだよなぁ。さすがにご都合で通したところはあったが、細かい描写もあり、しっかりと野球を表現できていたと思います。野球好きとしては満足。
 王道展開も大正だからか演出がよかったのか面白く見れました(笑)。
 1クールアニメとしては申し分ない出来だったのではないでしょうか。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top