FC2ブログ

東京マグニチュード8.0

東京マグニチュード8.0 『第十一話 悠貴へ・・・』

東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [BD] [Blu-ray] [DVD]
東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第5巻 [BD] [Blu-ray] [DVD]
キミノウタ [Single] [Maxi] (初回生産限定盤)(DVD付) [Single] [CD+DVD] [Limited Edition] [Maxi]
M/elody [Single] [Maxi]


悠貴ぃぃぃっ!!!?
 よくがんばったよ、死んでなお未来を思って傍についてきた悠貴の優しさはちゃんと未来に伝わったよ。だからゆっくり休め…。
 アニメでここまで泣いたのは久々だったな。あぁ、これ書いててもまだ泣けてくる。


 ちゃんと弔ってあげられたんだなぁ。真理さんは自分の所も大変だっただろうから手紙だけになってしまったが、ちゃんと来てくれてよかったよ。
 ロボットの玩具付きお菓子は両親だろうか。あのロボオタクと連絡とって上げてるといいよなぁ。

そんなこと考えてたら、ここで悠貴からの時間差メールとかぁぁぁっ!!?(泣)。
 お母さんへのプレゼントは予想してたがこれはダメだ。
 泣いたさ!また泣きましたよ!未来は今泣いていい!泣いて…いいんだ…!!だから誰か俺にも泣いていい許可をくれ!


 キャプが長くてスマン!
 キャプは最大3段までと決めていたんだが、こんな小さいときの名場面集出されたら選別なんて出来なかった!悠貴に免じて許してくれ!(えー)。


 冬服か、未来のクラス献花多いなぁ。そしてメグの姿がない。おそらく引っ越したのだろう。
 未来は本当に成長したなぁ。最初のすれ具合が嘘のようだよ、柔らかくなった。あれも、家庭環境がちょっと危ない状態だったからああなってたのも仕方ないとは思ってた。この一連のことで未来が失ったものは大きいが得たものも大きかったなぁ。
 悠貴のことを悲しまない日はないだろうが、その悠貴がくれた未来だ。その名に恥じないよう生きていってくれるだろう。


まさかEDロールで泣くことになるとは。
 また長くて申し訳ない。今回は特別だ。それぞれのその後、皆懸命に生きてるよ。
 個人的には悠貴を身を呈して守ったコンビニ店員(CV:中原麻衣)がちゃんと描かれてて嬉しすぎる。
 お母さん、次の誕生日はちゃんとホールケーキでお祝いですよ、もちろん悠貴も一緒だ。
 真理さんもちゃんと娘の誕生日祝ってるよー。誕生日祝えるって素晴らしいね。



 総評。
 今期、いや今年最高クラスなのは間違いない出来だったよ。見て正解だった。よかった切らなくて。
 地震の描写はさすが『膨大なリサーチと検証に基づいて製作された』と銘打ってるだけのことはある。
 物語としても、子供である主人公が身勝手な大人達に振り回されながらも人の優しさに触れ、精神的に自立していく様がしっかりと描かれていました。

 それにしても、1話だけで3回も泣くとは思わなかったな(笑)。
 ありがとう、いい作品だった。

関連記事
コメント

メグは引っ越したんですかね?11話エンディングのスナップでは渋谷駅のモアイの前でリサと会ってるシーンがありますので、再起が未来よりも大きく遅れただけとも取れますね。まあ、そこも含めていらん所ははっきりしないのもこのアニメの特徴と言えば・・。健斗の電話のお相手は未来ちゃんかな?

なん…だと…!?

 マジだーっ!自分でキャプっておいて全然気付かなかった(えー)。
 ていうか、1話にしか出てこなかったリサの存在自体を失念してたから、普通に友達と会ってるものだと思ってましたよ(笑)。
 しかし、冬服になってる時点で学校にいないとなればやはり転校したと見たほうがいいかもしれません。写真の二人は初夏であると思われるので夏休みで会いに来たと考えられます。
 まぁ、これも結局は想像でしかありませんがね(笑)。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top