FC2ブログ

大正野球娘。

大正野球娘。 『第六話 球は広野を飛び回る』

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray] [DVD]
大正野球娘。 第3巻(初回限定生産) [Blu-ray] [DVD]
浪漫ちっくストライク [Single] [Maxi] ユメ・ミル・ココロ [Single] [Maxi]


 小学生、うってつけじゃないか!つーか、そりゃ小学生の方が上手いわなぁ、年季が違う。フルボッコもいいところ。
 なんせピッチャーがしょぼいからなぁ(ニガリ)。しかも挑発に乗って頼みのコントロールすら乱れるようじゃ勝てるわけがない、小学生の野次に負けてどうする…。小学生の球を打てない野手も野手だが。相手は硬球に慣れてないというのに。

 乃枝の分析能力ってすごいな。言ってることは野球にとって至極当たり前のことだがそれを自力で見抜いてるからすごい。
 そしてピッチャー練習必須のストライク枠あったのか!さすがに9分割式は無理だろうけどな(笑)。ところで、このストライクゾーン両サイドは狭い割に上広くないか?小梅がちっちゃいからそう見えるだけか。
 って、巴センター返し出来るんだったらやれよ!以前キャッチャーは巴がいいって書いたけど前言撤回、こいつはダメだ、ここまでアホとは(ニガリ)。


 足の速い打者が左に矯正することはよくあることだが、すんなり左でスイングできてる胡蝶はすごいぞ(笑)。未経験者だからどっちでも同じってわけにもいかないもんだけどなぁ。
 胡蝶が塁に出て巴が返すだけで10点も入れられるわけないんで、他のメンバーもそこそこ打ってることになるのだが、前回0点からえらい進歩だなぁ。まぁ守備のリズムがよくなってバットも振れるようになったとも考えられるが。

 しかし、さすがに晶子のスタミナ不足は一朝一夕でどうこうできる問題ではないよなぁ。よく9回まで投げきってるよ、一体何球いってるんだか。
 さらに制球力がなくなってイラついてるようではダメだね。序盤で大量リードしておきながら後半逆転負けはきつい。やっぱリリーフいないと、まぁこの時代投手分業制じゃないからなぁ、いやそういう問題じゃないか。


 新婚生活!そして初夜!!(マテ)。いやぁ、布団ってエロいよね(死のう)。キャッチャーが女房役だから小梅が新婦な!(もういい)。
 そして悶々とする愛人狙いの巴(笑)。いまこそ妹は慰めるとき!!(えー)。


 小梅がキャッチャーとして覚醒していく(笑)。つーか初めからキャッチャーが指示しろって話なんだが(ニガリ)。本格的な練習がまだでもさすがにそれくらいは教えておいて欲しかったぜ。
 しかし、サインが球の緩急だけってのも寂しいなぁ(苦笑)。それでも小学生相手には十分ってことはやっぱり小学生だったってことだよなぁ。この時代にどれだけの変化球があるのか分からないけど、もうちょっとストレートの球速が伸びてひとつくらい変化球投げれないと話にならないよなぁ。
 そして巴はマジでなんとかしろ(ニガリ)。このままだとただのアホに成り下がってしまう…。


 お見合いではなく許婚でしたか。
 でも、あのアホが寄り付かなくなることを考えたらいい話と思う(えー)。実際三郎はいい男だしな。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top