FC2ブログ

大正野球娘。

大正野球娘。 『第四話 これから』

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray] [DVD]
大正野球娘。 第2巻(初回限定生産) [Blu-ray] [DVD]
浪漫ちっくストライク [Single] [Maxi] ユメ・ミル・ココロ [Single] [Maxi]


 いきなりの新聞部離脱で空中分解の危機。まぁ元々借金の形に付き合わされてただけだからなぁ。
 晶子はともかくおで娘まで引きこもり生活かい(えー)。正直あれは誰のせいでもなく実力が違いすぎただけなのでそこまで落ち込む必要はないよね。勝とうと思って試合してないんだから。
 それはそうとて晶子はこうなることくらい分かってたはずなんだから今更落ち込まれても困るぜ。

 グラウンドは使えなくても練習は出来る。つーかこういうときにこそ素振りでもすれはいいんだよね。この辺りがまだまだ本気になってない証拠だぜ、先生も分かってるなぁ。
 そしてなぜあの風でスカート捲れませんか(えー)。そして、静だけ行燈袴なのかとどーでもいいことに気付いた(笑)。

 勘違い色ボケ野郎とアホ婚約者は堂々と尋ねてきて堂々と追い返されるのであった。
 やっぱこいつらこの時代の人間から見ても失礼極まりないんだな。色ボケ野郎はまんまダメダメだが、アホ婚約者のほうは言葉遣いが丁寧な分さらにタチが悪いかもしれない。


 ようやく覚悟完了!
 「選手として未熟だからならまだ許せた」「人として対等だと認めさせる」ということは『男を見返す』ためでなく『野球人として勝つ』ための戦いの覚悟なのだ。一度本当の野球を経験して自分たちの未熟さと甘さを認識した小梅と晶子にはもう以前のような弱気さはない。
 しかし、他の連中の覚悟がどうだろうかね。その辺を鑑みての先生の覚悟ラインなんだが。おで娘や静は大丈夫かねぇ。

 しかし、おで娘は髪おろした方が可愛くないかい?(えー)。いや、自分がおで娘属性がないだけなんですけど。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top