FC2ブログ

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十四章 ファウゼンの選択』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]


なんだこのファンタジーバトルアニメ!どこだ!どこで見れるんだ!!(えー)。
つーか梅津泰臣じゃないか!!このクオリティだったら軍事描写がめちゃくちゃでも勢いで観れたに違いない(マテ)。


アホロージー、あんだけでかい口叩いておいて兵士としてもてんで役に立たねぇ!もうこいつ本当にいらないだろ、なんで他のやついないんだよ!
相変わらず遮蔽物もなんのなく仁王立ちでバカスカ撃ちまくるファルディオ、なんで撃たれないんだ…。無駄弾使うなとか言いつつ本人も撃ちまくってるんだから目も当てられない。
そして後ろからロックオンされたアリシアにどうしてファルディオが気付けるんだよ、レーザーポイントでもあったってのか?

つーかね、作戦が大雑把過ぎてどうしたもんか。なんで戦車奪取や爆弾設置の中身をその場で説明してるんだよ…。アニメの説明描写のためでもお粗末過ぎるだろ。
しかも戦車あんな簡単に奪取できるんだったらイサラたちだけじゃなくて後の3輌も奪取しておけばいいじゃん。せめて帝国兵に化けるくらいの描写が欲しい。

唯一の救いは装甲列車相手にはちゃんとした作戦で進められていたことくらいか。走行中に線路爆破するのは常套手段。ちゃんと車庫にいたしな(笑)。
ただ、この作戦はわざわざ列車本体をおびき寄せる必要があったわけで、今回の作戦では正直そこまで上手く行ったのは運以外の何物でもないんだよなぁ。別に列車を誘う作戦があったと思えないし。
あと、上りと下りの両方の線路に爆薬仕掛ける意味ないじゃん。列車の走る路線くらい調べはついてるだろ。


ちょっとマテ、火力が足りなかったとはいえ結構なスピードで走行してたのになんで脱線しないんだ?線路自体はちゃんと爆破されてるのに。普通はあれで落ちるぞ。橋の上で止まろうとした描写もないしなぁ。

こっちは爆破によって脱線・落下を狙ったと思っていたのだが、どうも爆薬で列車砲そのものを破壊しようとした様子なんだよなぁ。じゃないとロージーが「やった!」とは言わない。
しかし、そうなると橋の上で爆破するメリットがなんもない。ファルデオの言うとおり橋の上は砲撃ポイントとしては最強だからだ。そんなことくらい分かってたはずだ。しかも素人考えだが、硬い地面の上のほうが爆破の威力は上がるんじゃないのか?

ちゃんと作戦を練ってれば勝てた戦いじゃないのか、これは?
橋の上で爆破で脱線・落下すれば御の字、仮に失敗したら奪取した戦車での砲撃による二段構えに最初からしておけばよかったんだよ。列車砲に当てなくても橋をぶっ壊すだけでいい。
問題は戦車奪取の成功率なのだが、こればっかりは奪取の描写がないんでなんとも言えない。普通はあんな簡単に奪取できないのだが、出来ちゃってるからなぁ。一体どうやったんだ?
戦車奪取失敗を考えるのならやっぱり陸上で爆破すればいい。

あとは適当にツッコミどころ。
・ザカの声はどう見たって下のイサラたちに届かない。実際届いてなかっただろうが。
・グレゴールは索敵には最適なポジションを確保しながら戦車の接近には気付かない、戦車奪取の情報くらい入ってるだろ。
・あんな線路が切れた脆い橋の上で列車砲撃ったら反動で橋崩れるだろ。そうでなくてもバランス崩して落下の危険あり。
・列車砲は基本的に下に向かって撃てない。まぁエーゼルがそういう設計と言われればそれまでだが。
・ザカの右目の意味は?
・ウホ軍曹イサラを呼び捨てにするな(えー)。

悪魔将軍の最後にしてはお粗末だった。
結局グレゴールは圧倒的戦力を誇りながらそれをご都合主義でひっくり返された哀れなやられ役だけで終わってしまったなぁ。最後はウェルキンのポカで一矢報いたけど。


水着絵のイーディのポジションは普通はスク水イサラだろうが、これはもうここでしか出番がないということか(えー)。イーディはともかくスージーは本当に役に立たなさそうだからなぁ。
そして未だによく分からないこのチビッコはいつ出てくるのやら。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top