FC2ブログ

ティアーズ・トゥ・ティアラ

ティアーズ・トゥ・ティアラ 『ⅩⅡ 帝国の脅威』

ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [Blu-ray] ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [DVD]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【3】 [Blu-ray] ティアーズ・トゥ・ティアラ【3】 [DVD]


うかつだなぁ、敵のいる可能性の高い森で戦闘能力の低いリアンノンを一人にするなど。リアンノンの魔法がどの程度まで使えるのかが不明だが、オガムほどの攻撃魔法を使えるわけではないだろう。今まで使ってたのも治癒魔法か防御魔法だけだったし。
アルサルはいいかげん頭に血が上った状態であれこれ行動しようとするのはやめろ、成長のない奴め。

しかし、リアンノンは捕虜のくせにいろいろ動きすぎだよ(笑)。リアンノンっぽいけど。


大体こんな感じ(えー)。
本気で鍵忘れたのかそれとも丁重の言葉どおり幽閉されていなかったのか正直どっちなのかわからん。が、そのあと炊き出しまでやってるのは緩んでるとしか言いようがないぞ、帝国軍(笑)。
たしかに小娘一人でどうにかなるような所じゃないけど、一応軍の基地なんだから機密もあるようなところを勝手に出歩くようにしてるのは問題だよなぁ。


さすが軍の演習は大規模だなぁ。
今までの敵は少数だったためになんとか切り抜けられてきたものの、ここまで数の差が出ると厳しいよねぇ。
ガイウスってリアンノンたちの親父と知り合いだったのか、と思ってたらそういやゲール族って帝国と族長会議で顔合わせる機会があったんだっけ、確かアルサルとガイウスも顔見知りだったはず。なら先代たる親父とも見知った仲だったんだろう。

久々の登場ぶっ掛け妖精はもう牛から離れられないのか(えー)。


一応捕虜として捕まった身なんだから、いくら心が通じてるとはいえそのまんま脱走されるのはどうかと思うぞアロウン。実際撃たれたし。吟遊詩人がいなかったらどうするつもりだったんだ。本来ならそっと忍び込んで救出するところだろう。ラスティ連れて行けば簡単だ。

やっぱりこの吟遊詩人は只者じゃないよなぁ。帝国の人間であることには間違いないだろう。隠密部隊かなぁ。吟遊詩人だったら各地に渡り歩いても怪しまれないし。
まともな吟遊詩人が出てくる作品ってないのか(笑)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top