FC2ブログ

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS 『第8奏 激震:furioso』


嘆きの異邦人殲滅のために四楽聖と始祖精霊を投入していたのか。そりゃ負ける。
が、嘆きの異邦人もコーティという始祖精霊を所有していたわけだから、現存する四楽聖は学院長だけなのかもしれない。実際政府が対策として接触してたのが学院長だけのようだし、コーティを最終戦力と見込んでた節があるしな。

学院長はコーティが来なかったら自前でなんとかするつもりだったんだろうなぁ、自分の分はしっかり結解張ってる。さすが四楽聖、もはや人間業じゃない(笑)。
エレインドゥースがいないのは奏世楽器の守護に回したからだろう。


学院長の不老不死は始祖精霊との融合によって成されていたのか。さすがに力が半減では4枚羽相手でも苦戦するか。

ユフィ・レンバルトとミゼルドリッド隊では2人の4枚羽を抑えるのは難しい。戦力差がありすぎる。
そしてレンバルトが戻ってきたのが単に相手に与えられた恐怖心を払拭するためなのか、それともあの時に精神操作を受けたのかも知れない。


「コーティはコーティだよ。ね?」
この一言だけで片付いてしまう辺りがフォロンの純粋さだよなぁ、余計なことはいらない。
だからこそ、契約者を失ったコーティが一瞬で心奪われたわけだよ。


圧倒的じゃないか、始祖精霊!!
力が違いすぎるだろ。中級とはいえ精霊を一瞬にして消滅させやがった。さすがすべての精霊の母。エレインドゥースは神曲なしだし。つーか、学院長は完全に人間やめてるなぁ、単独で精霊の力使いすぎだよ。
コーティは1期の時にはすでにこの力を取り戻してたんだよなぁ。よく考えるとなんという贅沢な精霊の使い方だ。ビル解体とかやってたし(笑)。


コーティが復活したことで逆転に成功したが、学院長は敵の戦力を見誤ったな。完全に油断した。
奏世楽器がどういう効力を発揮するのかわからんが、おそらくワンマンオーケストラの元になったものだろうか。




関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top