FC2ブログ

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第六章 従軍記者、奮闘す!』


はっはっはっ、今更ウェルキンの正体がバレたところで義勇軍の名誉なんて落ちないって、元々ないから(えー)。
実際、世間的には義勇軍の評価ってどんなもんだろうねぇ。ぶっちゃけ正規軍がまともな戦果を上げたところを見たことないんで義勇軍の方が評判よかったりして。

義勇軍志願の理由は至極まともだったけどなぁ。
橋の作戦の勝因は完全に敵がしょぼかったからだけど。


ダメだこの小隊…早く何とかしないと…。
これで一応全員だろうか。つーか13人かと思ってたら14人いるな。
こういう場には一人はいそうなオカラキャラはやっぱいるのか(笑)。そしてようやくしゃべったイーディ始め女子部はもうなんでここにいるのかと。こいつらが無傷で帰還できてる事が理解できないぜ、アリシアでさえ負傷したのに。


ダメだこの記者…早く何とかしないと(笑)。
さすがに軍基地内でドアに聴診器は怪しすぎる。ここまでやったらちゃっちゃと上に報告して追い出せるのでは…。
あとアリシアに乙女の恥じらいがあったのか(えー)。


戦禍厳しいこの状況で30人分の肉を用意できるって記者って金持ってるんだなぁ。

しかし、仲が悪いもの同士が喧嘩して親交を深めるのって諸刃の剣だよなぁ、特にこういう軍隊だと。
ぶっちゃけこんなことでわだかまりがなくなるなんて思えないし、その辺はちゃんと描写しないと安易に利用したようにしか見えないよなぁ。
イサラのナット攻撃に萌えたが(えー)。


まぁ正直な話、アリシアが心配してることって事前に軍で原稿内容チェックしてるんだから起こらないよねって言う話だよなぁ(身も蓋もない)。




関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top