FC2ブログ

空を見上げる少女の瞳に映る世界

空を見上げる少女の瞳に映る世界 『第8話 諦めないこと』


さすがにイチコたちまで観覧車登頂は無謀すぎる。そりゃヘタレ眼鏡も全力で止めるぜ。止めきれないのがヘタレだが(えー)。
しかし、世界崩壊のスピードが速すぎる。アクト危機の回避ってなんだったんだ。地上の壊滅度合いも半端じゃないところまで来てるし。

イチコは自分の間違いに気付いててよかったよ。
そしてムント完全にストーカー扱い(笑)。


世界崩壊の原因はユメミだったんだよ!って、えぇぇぇっ!!
ユメミがキーパーソンすぎるわ。そんなの必至こいて説得するする(えー)。

これでユメミの力の範囲が時空確定まで及ぶことが証明された。
リュエリの未来を視る能力は断片的なものなんだろうなぁ。比べてユメミは自分の望む未来を選び出し確定させるところまで持っているということ。世界を滅ぼすのもわけないぜ。ユメミのアクト能力は時空レベルで影響される。

ユメミにとって天上世界の時空は未来だ。生まれた頃から天上世界を見ることが出来たユメミは唯一未来を視ることが出来た人間だった。しかし、その視ることを自分で止めてしまった。自らを異端とし自分の可能性を否定し現実から逃げ続けた彼女が生み出した終末。未来を視ずに現在を生き抜くことなど出来ない。それは死と同義だ。
そして、アクト=人の心出てきてるという世界において時空を閉じることとは未来の可能性を自ら閉ざすことと同じ。過去・未来に続く時空を閉ざしてしまっては現在から進むことは出来ない。天上人もまたユメミと同じ。そういう風な時空の存在をユメミが作り出したのかもしれない。
リュエリが瞳を犠牲して視た時空とはまさにこれだった。もし、ムントが現れなかったら、アクト危機の時点でイチコとスズメは死んでたのかもしれない。ユメミの唯一現在を一緒に生きる彼女達がいなくなれば、ユメミの世界の否定は止められなかっただろう。


グンタール不時着ざまぁ(笑)。

つーか、お前ら時間ないんだろうが、早く飛べよ!必至に時空に壁に立ち向かってるムントが可哀想だよ!!
そして、最後の飛翔は完全に落下フラグ(笑)。


って、来週最終回…だと…!?
9話って。昔6話半クールってアニメもあったが、なんでこんな中途半端な数字に…。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top