FC2ブログ

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#22 消えゆく者』


ディスト、結局てんで役に立たずに終わったよな(笑)。
まぁ悲しい奴だったことは違いない。

ルーク犠牲作戦はまぁそりゃ遂行されてしまう。為政者なら、1人の命と世界人口の全員を天秤に掛けたら言われるまでもない。しかも、ルークは過去に自分の身勝手で数万の犠牲を出してるしな。
しかし、実際にその状況になって死の恐怖に打ちひしがれるのも道理。それでも、ちゃんと背中を押そうとするティアもその意気やよし。自分も同じ境遇だったたけにルークの気持ちはよく分かる。
無論、ガイの友情大爆発も見逃せないんだぜ?そして、冷静に状況判断しているために冷徹な自分に嫌気が差してるジェイドもな。


まぁここでルークが本気で死ぬとは思ってなかったわけで(笑)。でもぶっちゃけ、過去の罪が重大だっただけにここで死んでもおかしくはないとは思ってたけど(えー)。
結果的に二人で行ったためにルークの負担が多少減少して紙一重で生き残った感じだもんな。こりゃ最終回に両方死ぬか。いや、ローレライ取り込んで生き残る可能性もあるか。アッシュは病気っぽいから無理そうだけど。
正直、ルークは死なないと罪の清算が出来ないと思うんだよなぁ。罪の分人一倍苦しんで成長したルークだが、今回の一件もアッシュに力借りちゃったし。

つーか宝珠ですよ宝珠。一体どういう原理でフォニム変換なんてややこしいことに。
ルークのせいっていうかローレライの渡し方の問題じゃないのか(マテ)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top