スクールガールストライカーズ Animation Channel

スクールガールストライカーズ Animation Channel 『EP10 参上! 孤独の戦士』

スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.1(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray  (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.2(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.3(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.4(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray  (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.5(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.6(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.7(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
アルタイル・トルテ/未来系ストライカーズ(美山椿芽(CV:石原夏織) ver.) (夜木沼伊緒(CV:沢城みゆき) ver.) (澄原サトカ(CV:日高里菜) ver.) (菜森まな (CV:小倉唯)ver.) (沙島悠水(CV:花澤香菜) ver.)
きっとワンダフォー!


 もうオディールは事情も正体も隠す気ないのな(笑)。制服で五稜館の生徒なのがバレバレだし、うっかりであっても部屋の内装がバレるのを放置するわけがない。
 それはそうと、オディールがシリウス全員でようやく抑えられるレベルっていうこっちの認識は間違ってなかったらしい。
 で、この先生のポカっぷりは普通だと“いつもの”で笑うところなんだけど、オディールの強さがガチな上に狙われてるものがシャレにならないから、対処の時間を無駄にしたのは正直笑えないんだよなぁ。


 ハヅ姐以外のベガが束になっても勝てないオブリって相当やばいんだけど。
 トルテだけでは戦力不足とみてハヅ姐は残ったんだろうが、むしろ警備にシリウスを配置できなかった理由が知りたいわ。シリウスじゃないと対処できないレベルのオブリがいるっていうのか。シリウスにオディールを当てて、他のチームで通常警備体制敷いてればそんな問題なかったと思うんだがなぁ。最終手段として降神三姉妹を召喚できるし(生活費出せばいける)。


 オディールの正体はさっちゃんだったんだよ!!  なっなんだってーっ!?
 それはともかく、まさかのあっさり正体バレに吃驚だよ。アニメのチャンネルのさっちゃん、ステルス機能落ちたなぁ(えー)。ゲーム設定だと、全生徒を把握しているというアコっち情報にすら引っかからずにアコっちをお手上げに追い込んだ潜伏能力の持ち主だったのに。
 しかし、まさかマリがオディールのプロファイリングをするとは(笑)。でもこれ、マリが気づけるんだったらサトカならもっと早く気付けるんじゃないのかなぁ。
 ともかく陽奈姉とさっちゃんの友情物語がアニメでも観られるのは嬉しい。さすが陽奈姉! さっちゃんを見つけるなんざ朝飯前!
 食い気よりも友情とるっていうと当たり前のように聞こえるかもしれないが、陽奈の場合飯用意するのもガチで苦労するから相当重いんだよなぁ。


 え? マジで以前にも侵入してたの? 事実だとしたら先生の無能っぷりにドン引きなんだけど…。
 アホな理由でやめた風に言ってるけどこれは思いとどまっただけだろうから、オディールが本気だったらその時点で終わってたぞ(ニガリ)。
 しかも、先生トルテがマジで戦ってるのに寝てるんじゃねーよ!? 挙句後ろ取られてホールドアップとかもういいところないじゃん…。
 なんでこんなアホに成り下がっちゃったの先生。いや、三姉妹との決闘の時からアホになってたけどさ…。違うんだよ、俺が求めていたポンコツ先生はこれじゃないよ…。
 さっちゃんが覚悟完了して歩み寄ろうとしてるのはすげぇわかるのに、先生の無能っぷりで台無しなんだよ。


 モル様もやっと本格的に動くんだろうか。
 ていうかあと3話でやっと本筋に行くの? いや、マジでこのアニメの本筋ってなんなんだ?
 まなのいた施設の正体とかさっちゃんのお父さんの研究とか悠水のヒーロー願望の謎とかちゃんと回収できるの?

 ちょっとね、マジでBDの予約取り消そうかなってこの10話で相当傾いた。
 今までの出来でもそう思ってたんだけど、BD買うことでゲームの方にプラスになるんだったらと思いとどまってたけど、今回の先生の無能っぷりでそこの箍が外れそうになった。
 だって今回脚本書いてるのゲームのメインシナリオライターの石山さんなんだぜ? しかも石山さんは監修もやってる。つまり、もっともスクストらしい脚本を書けて脚本の内容を修正できる立場の人間なんだよ。それがこのザマって…。
 運営が監修してるっていう事実がアニメに対して好意的解釈をする余地をなくしてるっていうのが辛すぎる。どうしてこうなった。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top