スクールガールストライカーズ Animation Channel

スクールガールストライカーズ Animation Channel 『EP03 結成! アルタイル・トルテ』

スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.1(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray  (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.2(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.3(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.4(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray  (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.5(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.6(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
スクールガールストライカーズ Animation Channel vol.7(初回仕様版)Blu-ray 【Amazon.co.jp限定】Blu-ray (初回仕様版)DVD 【Amazon.co.jp限定】DVD
アルタイル・トルテ/未来系ストライカーズ(美山椿芽(CV:石原夏織) ver.) (夜木沼伊緒(CV:沢城みゆき) ver.) (澄原サトカ(CV:日高里菜) ver.) (菜森まな (CV:小倉唯)ver.) (沙島悠水(CV:花澤香菜) ver.)
きっとワンダフォー!


 前回5人でようやく1体撃破で、今回が3人で倒せるようになったのは単純に個々のATKが伸びてるってことなんだろうが、にしたってマギレオブリ1体に3人も費やすって本当にメモカのレベル低いよな(笑)。
 マギレオブリのHPは25000だから平均8000強のATKかぁ。まぁ初期の頃にSRメモカ5枚分をレベリングするのは結構骨だろうしなぁ(ゲーム脳から離れろ)。


 山・川て! もうちょっと捻れ(笑)。悠水ですらもうちょっと考えた合言葉使ってたぞゲームでは(えー)。
 そして隊長危機一髪。
 悠水が事あるごとに正義のヒーロー願望を語るわけだが、本人のおちゃらけた言動にボカされるけどこうやってちゃんとガチで身体張って信念貫こうとしてるっていうのを描写するのは重要なんだよな。
 で、先生がなになら有能そうにこちらを見ているが、ただのドジっ娘(?)です


 って、もうポンコツっぷりを隠す必要性無いよね!? ね!?
 他の生徒が気になって来たらどうするつもりだったんだ(笑)。いや、来たとしてもエテルノには入れないけどさ。あの扉は五次元感知能力を持った人間でないと見えない。
 ここで皆ノリでやることを決めちゃうけど、ただ一人悠水だけは真剣に己の意思で決めてるんだよな。悠水が正義のヒーローに拘るは伏線なのでちゃんと覚えておくように。
 悠水の普段のおちゃらけ言動が伏線の隠れ蓑になってるのは流石だと思うんだよ。
 なお、キッチンデザインもゲームまんま。抜かりはない。


 これ、椿芽にとってはマジでトラウマ過ぎるのに相手が偵察型オブリで全然脅威に感じないのが辛い(えー)。いや、ゲームと違ってこっちのオブリがマジで脅威だからシャレにならないトラウマなんだが(ゲームでも十分脅威なんだけど)。
 しかし、こんなにエロいのになんてイケメンなんだ伊緒!


 あ、やっぱRメモカだったのね(笑)。
 で、椿芽の不安を皆で払拭するのはいいんだけど、物語的に重要な椿芽の夢の内容を精査しないのはすっきりしない。椿芽の夢は過去の記憶か他チャンネルの事象である可能性が高い(五次元感知能力者は他チャンネルの事象を夢という形で視ることがあるという設定があり、これは先生が知ってる )。だからこそ、伊緒たち4人には夢の内容をちゃんと伝えた上で椿芽を仲間として迎えて欲しかった。
 あと、伊緒たちがエテルノに来る経緯がゲームとかなり変わってる。原作では伊緒たちが5次元感知能力のせいで他チャンネルに同時に迷い込んだところを先生が救出する流れだったので、どちらかと言うとそっちの方が面白かったなぁ。

 ていうか、この話は第2話にやらないといけない話だよなぁ。 3話目で設定の説明してるのは遅すぎやしませんかね。
 本来なら2話の特訓部分を削ってここまでの話を2話分にまとめるべきなんだよな。明らかに話の配分がおかしい。どうもアルタイル・トルテをメインにした話を無理やり1話分ねじ込んだ気がしてならない。
 次でようやくシリウスの出番が回ってくる。アニメではマーケティングにおいて最強戦力であろう灰島姉妹を投入するのが4話目なのは明らかに遅すぎる。3話目投入ならここまでで視聴を切った人間でも繋ぎ止められた可能性があったものを、実にもったいない。無論彼女たちが“本気”になることが前提だけど。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top