アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ 『第20話 Which way should I go to get to the castle?』

アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [Blu-ray] 【完全生産限定版】(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [DVD] 【通常版】 [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年4月22日注文分まで)】(完全生産限定版)(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年4月22日注文分まで)】(完全生産限定版)(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [DVD]
アイドルマスター シンデレラガールズ 2【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年6月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年6月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD]
アイドルマスター シンデレラガールズ 3【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年7月22日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年7月22日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray]
アイドルマスター シンデレラガールズ 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年8月26日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] アイドルマスター シンデレラガールズ 4 [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年8月26日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD]
アイドルマスター シンデレラガールズ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年9月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray] [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年9月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD]
​THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 01 Shine!!【初回限定盤CD+Blu-ray】​


 いよいよ、美城常務が本格的に動いたぞ!
 というわけで、凛とアーニャを入れたとして10人のアイドルプロジェクトとして始動することになったらしい。賢明な諸君はもうお分かりだろう。この中で現状の346のトップを張る人間が一人もいないことに。少なくとも楓さんと夏樹はこの構想に入ってただろうし、もしかしたら美嘉姉も含まれていたのかもしれない。
 つまり、ここに残ってるのはクローネの企画に乗ったほうが現状よりも前進できると踏んだ人間、言い方を選ばなければ今まで然程実績を残してないアイドルが選ばれているというわけだ。ニュージェネもラブライカも云うてもデビューしたての新人である。
 ただ、それが悪いわけではない。前にも書いたけど、新しい部署を立ち上げてその方針でアイドルを育てるならありなんだ。新人ばかりで構成されていれば既存ファンへの影響も最小限で済む。トライアドプリムスの二人に関してはデビューすらしてないし、他もメンツも似たようなものだろう。良くて凛たちと同等レベルといったところか。凛たちにしても複数のプロジェクトで活動することはアイドルとしては一般的だろうから、別に不自然ではない。問題は既存ユニットとの兼ね合いをどうつけるかってだけで。
 人選自体は美城常務の目は確かだったということだな。


 そりゃ鳴かず飛ばずだったアイドルにとっては渡りに船。会社が両手で前面に押し出してくれるっていうんだから乗るしかない、このビッグウェーブに。
 まぁそんな打算だけで仕事してるわけではないいい奴らっぷりを披露してくれるもんだからアーニャもメロメロメロン。
 別に現状だけに囚われる必要はないんだよね。皆それぞれ自分の将来を見据えて行動している。前述のとおり企画そのものは真っ当なので視聴者的立場でも参加することに異論はまるでない。
 一方の凛も二人の将来がかかってるっていう恐るべき人質を取られてしまうわけだが、まぁそんなことで参加してもいいものが出来るはずもないわけで、三人で歌ってみてちゃんと自分の中に可能性を見つけられたからこその武内Pも納得の出来になったわけだ。


 本人の意志が固まったのなら拒む理由もない、武内Pも全力で応援するさ!
 だがしかし、そうもすんなりと行かないのが既存ユニットメンバーってもんさ。ラブライカに関してはアーニャの意志が明確で美波とちゃんと話し合って伝えられてるからすんなりと受け入れられたわけだが、ニュージェネの場合は凛の気持ちがまだ不明瞭だったせいでちゃんと意思疎通が出来なかったのが痛い。
 ここに来て未央が独断で動いてたわけだが、前回と違ってPがちゃんと後を追いかけて話をしてるのでやけになってるわけじゃないことが唯一の救いだな。あとは卯月のフォローだけか。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top