アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ 『第16話 The light shines in my heart.』

アイドルマスター シンデレラガールズ 1【完全生産限定版】(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [Blu-ray] 【完全生産限定版】(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [DVD] 【通常版】 [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年4月22日注文分まで)】(完全生産限定版)(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年4月22日注文分まで)】(完全生産限定版)(『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SUMMER FESTIV@L 2015』チケット購入申込(抽選)シリアルナンバー封入) [DVD]
アイドルマスター シンデレラガールズ 2【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年6月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年6月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD]
アイドルマスター シンデレラガールズ 3【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年7月22日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年7月22日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray]
アイドルマスター シンデレラガールズ 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年8月26日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] アイドルマスター シンデレラガールズ 4 [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年8月26日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD]
アイドルマスター シンデレラガールズ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年9月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [Blu-ray] [DVD] 【Amazon.co.jp限定】【オリジナルPC壁紙付(2015年9月24日注文分まで)】(完全生産限定版) [DVD]
​THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 01 Shine!!【初回限定盤CD+Blu-ray】​


 「止めはしないが支援もしない」といってるわけだが、これは「ただしこちらの邪魔をしなければ」という注釈が付くんだろうなぁ。なんせ他プロジェクトからアイドル引き抜くことを前提で動いてるから、仮にニュージェネの三人を引き抜こうとしたら容赦なく敢行するだろう。成功するかはともかく。
 唯一の救いはその仕事を強制するまで執着しないところだな。構想から外れたら容赦なく切り捨てるのは楓さんの一件で証明済み。このまま主力級に全部拒否されたらどうするつもりなんだろうか。
 そして、仕事という面ではぱっとしない印象のウサミンであったが、一応CDデビュー出来た上に社内制作とはいえファンの獲得とコーナーレギュラーを確立してるのはこう言っちゃなんだが意外だった(えー)。一期の時点でデビュー出来てなかったからなぁ。ていうか、そういう意味ではみくのほうが先輩になるんじゃないのか?(笑)。


 ここだけ見ると美城常務のやってることはまともに見える。ただし見えるだけ。
 会社の方向性を変更するのはあり。具体的なビジョンがあり、それを直属の部下に徹底させるのも当然(武内Pは独自企画を唯一提案したことで除外)。
 問題なのは美城常務がアイドルプロデューサーとして無能というところだな。
 無数のアイドルがひしめくこのアイドル戦国時代、故に個々の個性が勝敗を握ると特化させてきた現状の方針だったはずだ。美城常務は個性をより強化させた“神格化”によって他のアイドルの差をつけようと考えている。
 だが美城常務は分かっていない。アイドルに金を出すのはスポンサーではなくファンであることを。この方針転換は今のアイドル人気を支えているファンを見限る考えなのだ。例えば、新しい部署を立ち上げてその方針でアイドルを育てるならあり。もし既存のアイドルを方針転換させるなら一度付いたファンを手放す覚悟がいる。しかし、楓さんの一件で分かる通り美城常務はアイドルの価値をファンの反応ではなく利益で見る。ファンの満足度がいくら高くても利益が出なければ意味が無いという考え。それ自体は間違いではないがあまりにも現場を見なさ過ぎる。要はバランスがすこぶる悪い。
 これは偏に、美城常務のプロデューサーとしての経験の無さが出ている。経営者故に経営者としての理論でしか仕事ができないのだ。なのにプロデューサー業に手を出す。
 そして顧客満足度を無視して利益を追求した結果凋落したっていう例を書いたこの記事を思い出したのであった。やってることがほぼまんま。


 でだ、実際に興味のない人間すら巻き込んでスポンサーの利益に十分すぎるほどに貢献しているウサミンを戦力外通告する美城常務の無能さよ。
 このウサミンの能力は本当に凄いと思うんだ。みくの援護があったとはいえ、その場の勢いで観客をその気にさせるというのは相当難しい。
 そして続々と集結する“切り捨てられた”アイドル達。もうね、ここまでの上玉揃えておいて利益上げられないっていうのが不思議なことでね。それは現状の彼女達のプロデューサー陣にも言えることだが、そう言ってそのプロデューサー陣を切り捨てた美城常務も同じことしてるっていう。つまりおまえが言うな状態。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top