アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ 『第3話 A ball is resplendent, enjoyable, and...』

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 00 ST@RTER BEST


 なんの訓練も経験もない素人を突貫でプロのライブに立たせようってんだから、いくら上の決定とはいえそりゃPは心配になるわさ。
 ただ、期限までにちゃんとトレーナーの許可が取れるレベルにまでもっていけたのでここは安心できる材料である。この辺りはプロである以上妥協するわけにはいかないし、346プロはそこを妥協するような事務所ではないとPを始めとするスタッフの言動でわかる。
 他のメンバーも後発組としては絆があまりない状態からこうやって努力している姿を見せてしっかりと信頼を築いていくわけですよ。ロシアっ娘可愛いなぁ。
 ところで猫キャラでお馴染みのみくさんがこんなつっかかりキャラだったことに驚いておる次第です。まぁ猫っぽいといえば猫っぽいんだけど。それに自分で決めたキャラ設定で猫になってる人間だしな(えー)。
 そしてルーキートレーナーもちゃんといるのね。ベテラントレーナーがデフォになってる現状で、じゃあノーマルトレーナーはなんで呼ばれるんだろうかっていう疑問が(笑)。


 川島さんって人気だったんだなぁ。ぶっちゃけどのキャラに声がついてるのかさっぱりな私です。
 で、私のイチオシ牛さんことおっぱいさんは出られるのでせうか(マテ)。
 まぁそれはともかく、ステージでのリハが当日にしか出来ないってどんだけハードスケジュールだったんだ。実は前日とかにあったんだけど卯月達だけバックダンサーだから呼ばれてなかった、なんてことはさすがにないだろうし。
 しかも迫り装置まで使うのかよ!? ハードルがどんどん上がる!!
 いつも振り回す未央が空元気すら発動できないほど追い詰められちゃってるよ。凛が冷静じゃなかったらマジで危険領域だったんじゃ…。


 よかった! 最初にデカい挫折をするパターンじゃなくてホントよかった!!
 いやぁ、そういう展開の作品もありなんだけど、アイマスにそういうこと求めてる人間はそんないないだろうからこれでいいんだよね。
 先輩からのアドバイスを成功のきっかけにしているわけだが、実はこれPが二人にアドバイスの内容も指定して頼んでたりする。リハでは3秒カウントだったのに本番では掛け声出せるよう5秒に変更されているのが証拠。しかも、自分で言うのではなく同じ経験を知る先輩から言わせることで説得力が増している。おそらくそこまで計算しているだろう。
 やばいぞ、このPマジで有能だ。これはあれかな、赤羽根Pの無能っぷりを学習した結果なんだろうか(笑)。
 しかし、前作同様ライブシーンをすべて手描きでやっていくスタイルに敬服である。これ一度CGで作って手描きに直してるのかなぁ。それともこれを書ききるだけの凄腕アニメーター集団が存在するんだろうか。どっちにしろ凄い。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top