アカメが斬る!

アカメが斬る! 『第二十四話 アカメが斬る!』

Skyreach (期間生産限定アニメ盤) (初回生産限定盤)(DVD付)
こんな世界、知りたくなかった。 (期間生産限定アニメ盤)(DVD付)


 やっぱりエピローグの領域を出ない最終戦だったなぁ。
 最強であるエスデスとの一騎打ちは確かに燃えたし、攻略不可能と思われた時間停止技を限界を超えた速度で残像を残す戦法で打ち破ったのは面白かったが、タツミの決死の攻防と比べるとやはり落ちる。作画も前回をピークに持ってきたようだし、目に見えて力の入れ具合は違うんでどうしても差がはっきり出ちゃった。


 レオーネは生き残ったと思ったんだけどなぁ。
 まぁ最後に大臣を仕留める大役を見事討ち果たして満足であっただろう。さらっと今生の別れを済ませるあたりやりきった感じが伺える。
 むしろ、村雨の奥の手を使うために自分で斬ったアカメが生き残ってるほうが問題だと思うんだけど。てっきり時間制限付きのドーピングだと思ってたのに。


 皇帝は一応自覚はあったのは事実だったんだなぁ。まぁそこまでの覚悟があったんなら城の外のことを実際に見ることはして欲しかったところだ。
 アカメはナイトレイドの暗殺責任を引き受けるために生き残った感じなんだけど、正直そこを気にするならイェーガーズの生き残り二人を新政府に登用してるのもけじめつけてないって感じなんだよなぁ。ウェイブはともかくランは自分の罪を分かっていたはずだ。
 ボルスの奥さんと娘が元気にやってることが確認できただけでも救われるが。


 総評。
 後半の急造感はあったもののタツミを主人公としての物語としては完璧に遂行されたと言っていい。
 ただそれが23話までで完結してしまって最後の落とし所である最終話の決着の付け方はあんますっきりしなかったなぁ。
 これってタツミの死とエスデスとの決着逆に出来たんじゃないのかなぁ。最後だからタイトル通りアカメに斬らせたかったんだろうが、主人公としての立ち位置はタツミで固定だったんだからタツミの死でフィナーレ迎えても問題なかったと思うぞ。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top