アカメが斬る!

アカメが斬る! 『第二十二話 妹を斬る』

Skyreach (期間生産限定アニメ盤) (初回生産限定盤)(DVD付)
こんな世界、知りたくなかった。 (期間生産限定アニメ盤)(DVD付)


 ボス生きてんかよ!?
 まぁね、あの場で死ななかったのは不可解とは思ってたけど、そこはマインの死に様を見せるためにアドバンテージ見てたものとばかり(えー)。
 たしかにあのままボスの命を使ってスーさんが戦っても勝ち目がない状況だったからなぁ。結局はスーさんは破壊されてしまっただろうから、その分ボスの命を節約できたと考えるべきだろう。スーさんすげぇ。
 そして、反乱軍の勢いが思った以上に早くて吃驚だ。タツミ公開処刑阻止というよりブドー死亡の方が効果がでかかったんだろう。帝国に住む民衆さえもこの手のひらの返し様。正直ここまで来たら反乱が失敗したとしても帝国は終わりだろうなぁ。
 ランは今後どうするんだろうなぁ。どう見たってこのまま帝国側で戦うようなやつじゃないし、かと言ってこのまま離反できるもんかなぁ。


 まぁこの二人はもはや殺し合うだけしか決着のつけようがなかっただろうなぁ。
 問題はウェイブの方で、ここまで来て戦う理由を見出だせないでいるのは致命的。
 帝国を正義と信じ、帝国のために人を殺すことをよしとしてきたウェイブは帝国のあり方に疑問を持ってしまったことで自分の正義に疑問を持ってしまった。
 今のウェイブは昔のタツミと同じだ。ナイトレイドに入る前の殺し屋の覚悟を決める前の、ナイトレイドを正義の味方だと思っていたあの頃のタツミと。
 その過程をタツミはすでに乗り越えている。殺す覚悟も殺される覚悟もできている。だからこそタツミは私怨で動くアカメを見守ることが出来たし、ウェイブを止められた。逆にウェイブはクロメを止められなかったし、タツミを振りきれなかったのだ。
 これこそがタツミが成長してきた証。だからこそすべてを終わらせる力を手に入れられるのだ。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top