アカメが斬る!

アカメが斬る! 『第二十話 修羅を斬る』

Skyreach (期間生産限定アニメ盤) (初回生産限定盤)(DVD付)
こんな世界、知りたくなかった。 (期間生産限定アニメ盤)(DVD付)


 おいおい、「この戦いが終わったら…」なんて最大最凶のフラグじゃねーか!? そんな話題他人に振るんじゃないよ!?(笑)。
 そうとは知らずにタツミが天然で答えなかったら自ら未来を語りだして自分でフラグを立てるラバックであった(えー)。店を大きくするってだけでも十分なのに以前から立ててた告白フラグも重ねてきて「もうダメだ…最終戦だし」となるのであった(マテ)。
 エスデスはさらっと反乱軍の一角を一人で殲滅してるんだからもうどれだけ人集めてもダメなんじゃって気になるな(ニガリ)。そこも想定内で動いてるあたりさすがボスであるが。つまり本隊である反乱軍からエスデスの襲撃をそらすために一部族まるっと囮に使ったってこと。どっちも恐ろしいわ。
 そして、さすがに敵の本拠地に来たらエスデスと並ぶ将軍クラスが直接お出迎えである。このレベルの人間がまだ残ってるってもうどうしろとっていうね。この人も一騎当千の実力なんだろうなぁ。


 でなぁ、ラバックが順当にフラグを回収していったんだが、思ったほどこの戦いが白熱しなかった。
 たとえ王宮内すべてマーキングされてたとしても、ラバックなら狭い室内に入り込めば結界張るのはもっと容易かったはずなんだよ。無駄に外で結界張るから糸が足りなくなったわけで。反乱軍の女を庇いながら戦ってたのならともかくそんな描写もなかったし、むしろほっといて逃げまわってたし。見つかってる状況で城内に入ったとしても不都合はないしなぁ。
 ラバックが死ぬほど追い詰められた状況を作るにはかなり無理があったと言わざるをえない。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top