アルドノア・ゼロ

アルドノア・ゼロ 『12 “たとえ天が堕ちるとも” -Childfood’s End-』

heavenly blue
アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック


 伊奈帆の言うとおり戦争とは外交の最終手段で基本的に利益があると判断するからやるものなんがだ、長期化し泥沼に嵌ると感情論でグダグダになるのはよくある話。戦争を“始める”のは損得勘定で“続ける”のは感情。
 まぁ今回の場合は完全に感情論で戦争始めちゃった人間がいたわけだけど、これは火星側の文明レベルが低いからとしか言いようがない。なんせ外交手段が確立されてないもの。
 とりあえず、エデルリッゾがホールドアップで投降を許されててよかった。


 完全にスーパーロボットじゃねーか!? 黒くなかったら完全に主役機だったぜ(えー)。
 それどころか、次元バリアにビームサーベル、おまけにロケットパンチまで完備とかどんだけてんこ盛りなんだよ!? 配下だった二人の機体特性を持ち合わせてるのはいいとしても、ロケットパンチは同じ爵位だったのに。高機動という独自性能もついてるのになんというチート。
 まぁそれでも、むしろこれまでの敵の能力総取りっていう主人公側からすれば対処しやすい機体っていう位置づけになってしまうので勝てないほどの絶望感にはならないのがいいのか悪いのか。いや、普通に能力でゴリ押しされたら終わるんだけど。次元バリアだけでもやばい。
 ていうか、ここまで来てるのに敵のカタクラフトがザーツバルムだけっていうのはやっぱ一般兵用の機体はないんだな。


 スレインやっぱりアルドノアを持っていたか。やはり姫とのキスは鍵だった。
 で、期待のザーツバルムが思った以上に弱くてしょんぼりですよ。伊奈帆からすればこれまでの経験で培った戦術が使えるというのはわかるんだけど、そもそも狭い城内でロケットパンチ使わなくても自分で突っ込めば次元バリア特攻、若しくはビームサーベル一閃で勝てたわけで、わざわざ鉄壁の防御を崩してまでロケットパンチでとどめ刺す必要性がない。なまじ高機能故に状況判断を誤った気がしてならないんだよなぁ。
 ていうか、スレイン! 卿に思い入れがあるのはわかるけど姫暗殺を明言してる人間を反射的にとはいえ助けるなよ!? 今まではすれ違いタイミング悪いなぁで済んだけど今回はさすがにヘタレここに極まった!!


 そして最悪の事態になってしまうのであった。
 もうこれは完全にスレインの行動の結果。まぁそれは姫にも伊奈帆にも言えることであるが。
 これは普通に考えれば両方共死亡って考えるのが筋なんだけど、まさか二期に入って主役交代になるとは思わないしなぁ。考えられるとすればアルドノアによる存命しかないが、姫が一度死にかけてるので望みは薄いか。
 むしろザーツバルムは生きてそうだから、こうなったらスレインは姫死亡の全ての元凶として火星体制と地球に反抗すべく卿に従う展開になるんだろうか。
 なんにしても二期を観ないとどうしようもないぜ。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top