アルドノア・ゼロ

アルドノア・ゼロ 『06 “記憶の島” -Steel Step Suite-』

heavenly blue
アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック


 正式に宣戦布告されてしまったので地球側も正式に“戦時下”になったわけで、ここぞとばかり徴兵されてしまうのは当たり前。
 姫様たちどうするんだろうと思ってたけど、さすがに身元を確認する暇まではなかったか。エデルリッゾナイスフォローだなぁ(笑)。
 まぁそっちよりもですね、予想通り狩り対象になったスレインがまさか銃を奪って情報引き出しながらまんまと逃げおおせてしまって驚愕した。輸送機操縦できてたのである程度の技術はあると思ってたけど、戦闘力まで身についてるとは思わなんだ。意外とそれほど待遇悪くなったのかなぁ。


 間違いを指摘されて膨れる姫様かわいい。
 スレインを責めないでやっておくれ。空の色の原理なんて一般人は知らないから、屈折と拡散の違いだけだし(えー)。


 大ピンチなのにロケットパンチアシュラマンで爆笑しちゃったじゃねーか!!
 いやぁ、地球はリアルロボット・火星はスーパーロボットって言われてたけど、まさに王道を持って来ておいて「腕が多いな」「(2本だけの)腕なんて飾りです、偉い人にはわからんのですよ」的なノリの機体が出てくるとは思わなかった。
 しかし、前回と違ってこの腕にまるでダメージが通らないから厄介すぎる。火星側と装甲強度はあんま変わらないと思ってたけど多分『“腕”の強度に特化した機体』なんだろうなぁ。まさか撃ちこむたびに傷づいて修理に出すわけでもあるまいし。やっぱ騎士の位によって機体性能に差があるのね。
 というわけで腕に強度を回した分本体の防御は手薄って考えた方がいいかなぁ。今までの機体を見るにこの腕の操作ってコンピューター制御で動いてるとは思えないんで、腕を飛ばしてる間は本体は動けないっていう縛りも欲しいな。だから遠距離からチマチマ攻撃してるっていう。


 ふらふら飛んでるのはともかく、直線的に飛んでくる腕なら角度を計算して撃ち込むことも可能だわな。
 それでもここまで無敵を誇ってきた伊奈帆が初めての失敗を! 今までの戦闘ではほとんど接近戦で真価を発揮してきた伊奈帆であるので単純な射撃だとやはり技術不足が出てしまうのか。
 そして、ここでスレインのインターセプト炸裂でそりゃもうテンションマックスにならざるを得ない。練習機で出撃したフラグをしっかり回収よ~。

 ところで、I-Ⅳさん台本で遊びすぎだろ(笑)。
 そして、大佐が作ってるアルドアの同人誌制作のやりとりがチートじみてて笑った(えー)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top