ソードアート・オンラインⅡ

ソードアート・オンラインⅡ 『#5 銃と剣』

IGNITE (期間生産限定アニメ盤)(DVD付) (初回生産限定盤)(DVD付)
Startear (期間生産限定アニメ盤)(DVD付) (初回生産限定盤)(DVD付)
ソードアート・オンライン ソングコレクション


 優勝賞品に一瞬でも躊躇してしまうゲーマーの性、相変わらずである(笑)。
 まぁ今回はSAOとは違う形で本気で命かけてるわけだからおいそれと個人情報入力するわけにもいくまいて。キリトならプロゲーマーとしても十分やっていけそうではあるが。
 で、さすがに最後まで女で通すことはなくて安心した(笑)。そりゃ態度豹変される。普通に男として話しかけていたよりも質が悪いからな。
 しかし、ここまで挑発するようなこと言うのはキリトらしからぬって思っちゃうかなぁ。いかんせん目的が目的だけに。


 完全にスターウォーズだぁぁぁっ!
 もうフォースを会得してると言われても不思議ではない。何がすごいって相手の射撃タイミングを完全に見切ってるっていうね。予測線から実際の射撃のラグを利用して避けきった賭けゲームの時とは全然違う、相手の射撃に合わせてライトセーバー振ってるっていう高等すぎる技術力。“どこに”弾が来るのかがわかっても“いつ”来るのかは完全に推測なのだ。相手のタイムラグ時間を完璧に予想し続けないとできないぞこれ。
 相手もまさか遠距離撃ち合いが基本のこのゲームで自分の弾を剣で弾きながら特攻してくる漫画みたいな超人プレイヤーなんて初めて対戦しただろうなぁ(笑)。
 ちなみに最初に相手の位置を特定したのは聞き耳スキルだろうなぁ。ALOになってからもちゃんとサブスキル上げてたのか。
 あと、ライトセーバーの攻撃は“刺し続けてる限り”ダメージを受け続ける仕様なのか。これ実体剣と違って刃部分を手で持てないから一度刺されると相手を先に倒さない限り一撃必殺なんじゃないのか。刺された状態でどれだけ動けるのか不明だけど、もし手足が動かせない仕様になってたら刺された瞬間に決着がつくな。


 ラフィン・コフィンかよ!?
 SAOで猛威を振るった快楽殺人集団! キリトは一度遭遇したことがあり残党の一人・クラディールを素手で殺した経験がある。
 そして、この時点で原作の1巻を読んだことを後悔した。原作だとクラディールの一件以前にラフィン・コフィン掃討作戦が敢行されており討伐隊に参加していたキリトはそこで初の殺人を犯しているのだ。…見なかったことにしよう(笑)。アニメでは描写がなかったからクラディールが初ってことでいいと思うしな。
 というわけで、キリトにとってはトラウマでしかないラフィン・コフィンが今回の相手か。SAOでの殺人は現実世界では罪に問わないという司法判断になっているので、生還したラフィン・コフィンもそのまま生き残ってしまったわけだが、その殺人に対する異常な執着は捨てきれなかったと見える。現状のゲームでは“殺人”にならないからな。
 しかし、そうなるとこいつらは独自の方法で現実の殺人をやってのけたことになる。茅場や須郷レベルの技術力を持っていることに。もしかして真意を会得したわけではあるまいしな。…いや、まさかな。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top