アカメが斬る!

アカメが斬る! 『第三話 蟠を斬る』

Skyreach (期間生産限定アニメ盤) (初回生産限定盤)(DVD付)
こんな世界、知りたくなかった。 (期間生産限定アニメ盤)(DVD付)


 それぞれが所有している装備ってみんな特殊能力持ちだったのか。アカメだけが特別ってわけでもないんだな。
 そのアカメはわざわざ喉を斬ってるのは急所だからなんだろうが、むしろ傷をつけたら即終了なのに急所しか狙わないのは効率が悪く無いかね(笑)。そういや、タツミの時も心臓直だったし。おそらく確実に仕留めるための暗殺時代の名残だろうなぁ。まさか喉じゃないと発動しない呪いでもあるまい? 一話で触れたらヤバイ的な発言もあったし。
 レオーネは別に獣人ってわけじゃなかったのね。ていうか、この世界どう見ても人外な外見のやつがいるんだけど、ただ醜悪なデザインなだけなのかマジで異人種なのかどっちだ(笑)。


 まぁノックしないほうが悪いわな(笑)。
 普通の作品の場合、こういう過度な制裁を加えてギャグをしようとするとただの理不尽暴力に成り下がっちゃうんだけど、この作品の場合は殺し屋故にキャラが本気で殺しに来てる上に殺しても問題がないと思ってるのが視聴者にわかるのでギャグとして成立する。マインはタツミを仲間と思ってないし、リーダーがこうなることを予測して送り出してるから万一死んでも仕方ないと思ってるはずだしな。やっぱ無茶苦茶をするときは裏打ちされた根拠がしっかりしてないとダメだな。


 さすがにここで助けようとか言い出す馬鹿じゃないよな、タツミは。正義を信じてるが、自分が正義の味方であると思ってないし、その力もないことを自覚してるものな。やべぇ、どこかの主人公とも対比が(えー)。
 大臣の狡猾さもさることながら皇帝の傀儡っぷりが子供とはいえあまりにも酷くて、ナイトレイドが乗り込んだら確実に殺されるだろうしそれも致し方なしと思ってしまうレベル。為政者はやはり無知であるのは罪だよなぁ、それを教える立場の人間がいないとはいえ。


 見切られて避けられてるってことはパンプキンの攻撃ってレーザーじゃなくて粒子兵器なのかね。反動強そうだし。
 しかし、銃撃を躱せるだけの体術の使い手が真剣白刃取りで手が使えないくらいであっさりとタックル決められて身動き封じられるなんて思えないんだけどなぁ。こいつなら素手で人を殺せそうだし、素手のタツミが相手なら十分に殺せるだけの時間はあったと思うんだ。
 
関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top