アカメが斬る!

アカメが斬る! 『第一話 闇を斬る』

Skyreach (期間生産限定アニメ盤) (初回生産限定盤)(DVD付)
こんな世界、知りたくなかった。 (期間生産限定アニメ盤)(DVD付)


 王道ファンタジーの設定に王道ファンタジーの展開なのに主人公の格好だけなんか現代の高校制服っぽいのはなんでなんだろうね。
 それは置いといて、主人公はアホって言うよりも田舎者故に常識を知らないだけって感じだな。まぁ、士官にしろ→叩きだされるのはともかく、さすがにすぐに出会った人間の甘い話に乗せられて有り金持っていかれるのはアホでいいかもしれんが(笑)。
 なので、金持ちの道楽で助けたっていうのも絶対に裏があるんだろうなぁと思わざるを得ない。王道で行くならこういうのは奴隷商人と相場が決まっているのだ。


 本命を暗殺集団が襲撃してきたと思ったら、奥方があっさり真っ二つにされてビビった。こういうのアリの作品だったのか(笑)。
 骨まで一気に綺麗に切断するのって難しいんだが、この世界の武器の性能がどうなってるのか気になるな。
 でだな、アカメが斬る!ってタイトルなのに主人公にだけ突きで止めを刺すっていうのは不自然だよね。突き技がないとは思わんが、機関銃の弾すら見切って避けてしまうような運動能力の持ち主が何故不意打ちで斬撃を使わない。どういう理屈かはわからんが、少しでも相手を斬ればその時点で勝負がつく武器を装備しているんだ。普通確率の高い方を選ぶだろう。
 完全に心臓貫きブラフを使いたいがためにおかしい展開になってる。


 ぎゃぁぁぁっ!?
 黒髪ロングストレートになんということを!?(えー)。
 奴隷商人通り越して完全に変質趣味に走ってたか。そりゃ斬るね。主人公も迷いなく斬る。この主人公は世界を知らないだけでただの馬鹿ではないので、この辺の覚悟が最初から完了してるのは好印象だわ。さすがに仲間にここまでの仕打ちをされて尻込みしてたらヘタレになる。
 というわけで、シリアス展開描写に一点の躊躇もない作りは期待をせざるを得ない訳だが、気になるのはギャグ的表現の入れ具合だけかなぁ。シリアスにギャグを入れるのは重い展開に隙間を作ることで見やすくする高等テクニックなのだが、入れなくてもいいところにも無理矢理入れてる感じがしてシリアス部分が霞んでる気がする。
 最後のナイトレイド入りはシリアスのままで終わらせたほうが良かったんじゃないかなぁ。さすがに仲間が死んだあとにギャグを入れるのはいただけない。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top