ラブライブ! 2nd Season

ラブライブ! 2nd Season 『#8 私の望み』


 2位通過のグループの制服がどっかで見たことあると思うんだけどまったく思い出せないんだが、見た目的にはまるで負けてるように見えないのでこれで2位っていうのはどういう要素があったんだろうかと気になって仕方がない(えー)。


 あんまりそわそわしないで~、海未のライフはもう0よ~。
 アニメで出てない曲では腐るほどラブソングがあるμ'sです、こんばんは(マテ)。まぁこの中で恋愛経験があると思えるのが希だけっていう女子校お嬢様集団である。いや、希だって実は初っていうことも考えられるけどな! 女子にしかワシワシ出来ないとか!!(当たり前)。
 ちなみにエリーチカはあってもおかしくなさそうであるが、今の性格になったのはμ'sに入ってからなので以前のきつい性格では恋愛なんてまるでしそうにないのであった。
 しかし、なぜ小鳥はそこで泣く(笑)。


 さすが真姫! おれたちに出来ないツンデレを平然とやってのけるッ! そこにシビれる! あこがれるゥ!
 でだ、もう書くのも飽きてきたが、この『ズレたアイドル感』で笑いを取りに来るのいつになったらやめてあげるのかね? その感性は間違ってたっていう結論はどこへ行ってしまったのよ、ホント。
 別に1期のままのにこ像だったらここまでしつこく言わずに「まぁ、にこやし」で済んでたのに、あえてシリアスで問題定義しておいてギャグで使い倒すってどういうことなの、マジで。


 恋愛云々よりもエリーチカの髪下ろし&サスペンダーに釘付けですよ! このサスペンダーとおっぱいの隙間がいいんじゃないか!! 花陽は眼鏡で攻めてくるし、希もいつにも増しておっぱいアピールが激しいし、やっぱり私服は最高だぜ!!


 希の変な関西弁って正当な理由があったんだな(笑)。
 おそらく標準語の方が素なんだろう。普段の自分とは違う“関西弁の自分”を作り出すことで絵里に声をかけることが出来た。初めて友達を作ることが出来たのだ。
 絵里だけじゃない。他のメンバーに関わるためにも“もう一人の自分”を演じ続けた。希がμ'sに対してえらい積極的に支援してたのは別に絵里のためだけじゃなかったんだな。
 だからこそ、全員で歌詞を書くことを望んだ。詩の中でなら“本当の自分”でメンバーと同じになれると思ったわけだ。
 実はここで本当に重要なのは皆を希の部屋に呼ぶことにある。この期に及んで“本当の自分”を出すことを拒否する希にプライベートを強制的に皆に晒すことで“本当の自分”を受け入れてくれる状況を作り出したのだ。
 最終的に『全員で詩を書く』願いがかなったのは単に副次的な産物にすぎない。『すべてを受け入れてくれるのが本当の友達』がテーマに据えられている本作なので、それを達成した希に対する報酬である(絵里がそう言ってる)。
 そして、より結束を深めたμ'sのステップアップにつながったという最終予選を戦い抜くための動機付けにもなる。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top