ラブライブ! 2nd Season

ラブライブ! 2nd Season 『#4 宇宙No.1アイドル』


 夢オチかよ! 夢オチかよ!! なぜ1話でやらなかったし!!(えー)。
 それはともかく、あそこまでのパフォーマンスを見せつけても予選ギリギリ通過っていう現実にA-RISEとの差が思った以上にあることを突き付けられてしまった。まぁいうても結成半年そこそこでここまで上り詰めてきたわけだから、成長率でいうと半端ないことには違いなく、A-RISEも警戒してしかるべきといったところか。
 で、夢オチに使われた4位がどう見てもミュータントタートルズで爆笑。なんてニッチなところついてくるんだ(笑)。


 ところで、現実でも3位通過のMidnight catsは1期から部室にポスターが貼ってあったりする。
 つまり、花陽やにこが認める実力者である可能性が高い。おそらくランキングでも上位常連なのだろう。A-RISE以外にも強敵揃いなのはさすが東京か。4位通過だったことも頷ける。


 あぁ、今回はにこ回か。これでこっちのテンション終了のお知らせ(えー)。
 エリーチカがいないんで尾行なんぞに興味がなかったのかと思ったらしっかり裏口確保で惚れなおす(笑)。
 で、だれだね、希のことを太ましいとかいった奴は! おっぱいがおっぱいしてるだけだYO!!(マテ)。


 また妹かよ!? もういいよ!?
 ただでさえエリーチカで妹ネタは使ってる上に穂乃果にもいるんだぜ?
 まぁ、こっちは下にいっぱいいるパターンだけどさ。
 で、妹が出てきた時点でこっちは何が起こるのか察してしまったので、とりあえず皆察しが良くてよかったわぁ。
 それにしたって写真の捏造具合がひどすぎて、それで騙されてしまう妹達もどうなんだと思わざるをえない(ニガリ)。下の奴らはともかく上の妹は頭良さそうなのに! 姉と違って!!


 で、この話でにこの株が上がることはやはりなかった。
 何故ならば、妹達のついていた嘘の内容があまりにも酷かったから。それをメンバーに正式に謝罪しなかったから。妹達の誤解を解いてないまま終了したから。
 正直、バックダンサー呼ばわりはメンバーの致命的な亀裂を生じかねないレベルの酷さだと思ってるんだ。しかも、納得する説明をするつもりがない。いくら頭下げようとも被害者を納得させられなければ意味が無い。だから絵里は頭上げて説明しろって言ってるんだ。でも、にこはそれに関しては「うちでどう言おうと勝手だ」で済まそうとした。これはもう完全に謝罪拒否と捉えかねない。
 これが丸く収まってるのはメンバーの察しが良いから、もっと言えば絵里の察しがいいからっていうただそれだけのことで、絵里の評価は上がってもメンバーの善意に頼って完全に謝罪する意志を見せなかったにこの評価はだだ下がりである。ただでさえ1期からの印象悪いのに。
 妹達に嘘を貫き通したのは、妹達の夢を壊さないようにっていうメンバーの配慮だろうさ。だが、それによってにこの名誉を守ることよりも妹達が傷ついてもにこは正直に話をして謝罪すべきだった。そして真の姿を観てもらうべきだった。妹達を傷つける行動をとった責任を取るべきだった。奇しくも、2話で真姫のサンタの夢をぶち壊そうとしたっていう事実がにこの自分勝手さを強調している。
 これはチャンスだった。今までのにこが築き上げてきた理想のアイドル像という“虚像”を打ち砕く最後のチャンスだったんだ。この“虚像”によってにこというキャラクターは今までずっと縛られ続けていたんだよ。
 この“虚像”はスクールアイドルとしては通用しない。それは1期でも証明されてきたし、2期になってからはA-RISEという客観的な評価さえ加わった。この“虚像”を持ち続ける限り、にこのスクールアイドルとしてもステップアップはないのだ。
 同じことが1期でもあった。『プロの価値観』という“虚像”から脱却し自分の過ちを認めてμ'sに入った絵里という存在が。なぜにこでそれが出来なかった。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top