ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 『Case 4 パーソナリティ・クライシス』

ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-1 [Blu-ray] [DVD]
ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-2 [Blu-ray] [DVD]
ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-3 [Blu-ray] [DVD]
ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-4 [Blu-ray] [DVD]
ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-5 [Blu-ray] [DVD]
ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-6 [Blu-ray] [DVD]
アニメ「ウィザード・バリスターズ」OPテーマ『JUSTITIA』
アニメ「ウィザード・バリスターズ」EDテーマ 『BLUE TOPAZ』


 柄工双さんもう完全に正体隠す気ないなぁ。今回の風はあからさま過ぎる。魔術使いであることを秘匿したまま刑事になれたのは上の方で色々もみ消せる存在がいるってことだろうな。
 で、凶悪殺人犯の弁護に尻込みするセシルはやっぱり甘い。セシルを雇っているアゲハには事務所命令を個人的な主張で拒否するセシルを解雇する権利がある。事務所が引き受けた以上セシルには業務を遂行する義務があるのだ。
 それを夏菜が指摘してるのが「お前人のこと言えねーだろ」って感じがするけど(ニガリ)。


 わざわざ自分から芝居であることをほのめかしてたのがただの馬鹿だったからじゃなくてむしろ良かった。
 が、正直こんな芝居で精神鑑定通ってしまうのが魔術関連におけるスピード裁判の弊害に見えて仕方がない。実際この鑑定にどれだけの時間かけたのかわからないけど、通常裁判よりもおざなりになってるのは間違いない。マジでシステムとして崩壊してる。
 そして、依頼者に会いに行ったら怪しげな暗室に通されてなぜセシルは疑問に思わないんのかね。しかも、こんなだだっ広い空間のど真ん中とかいくら暗くても分かるだろうし。いくらなんでも不自然すぎるだろ。
 相手がもよを恐れる理由がもよのキレっぷりで明かされるとおもいきやそんなこともなく、逆にまたセシルの唐突の覚醒で一撃でクリアーされてしまう前回と同様のパターンで正直今回はげんなりです。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top