FC2ブログ

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十四幕 それぞれの物語』


 あーもー最悪だ。最悪すぎる。
 吉野を連れて行った愚行の結果がただ腕をかすめただけっていうくだらないオチ。これだけのために姫様が動揺しながら戦い続ける苦行を強いられたなんて…。
 そして、これまでの描写カットが仇となって羽村の不甲斐なさ満点。魔法使いとして成長した過程と覚悟完了がすっぱりいかれたことで、土壇場で諦めるっていう恐るべき選択をするなんて有り得なさ過ぎる。
 絶園の魔法使いはしかるべきときにしかるべき方法を取ればはじまりの樹を倒せるようにシステムが組まれているのだぞ? そして、その然るべき方法とは『はじまりの樹を倒す』という明確な意思決定なのだ。絶園の魔法使いは人類の意思決定代表としてその力を振るうことが許された唯一の存在だというのに、その羽村が最後の最後で諦めるなどあってはならない。羽村が諦めたらそこで試合終了なのだ。コンテニューのない世界滅亡が待っている。
 だから、この状況で絶園の樹が力を貸すことなどありえない。この剣ははじまりの樹に対する絶対無二の最終兵器なのだ。はじまりの樹を倒すという明確な意志なしにこれを授けるなど絶対にない。


 劣勢に追い込まれながらも諦めず、はじまりの樹を倒す力を心の底から欲したからこそ、絶園の樹はその最後の役割を果たすべく絶園の魔法使いの元へ駆けつけるのだ。
 アニメのヘタレ羽村にそんな力を貸し与えるわけがない。


 終わってからも姫様の不抜けっぷりが抜けないっていうね。
 もうさ、完全にこの最後の吉野と葉風が向き合うシーンを入れるためだけに葉風を色ボケにしただろ。そして、そのためにだけに吉野達を前線に出す展開にした。
 岡田麿里はこれをいいシーンだと思ったんだろうさ。だが、キャラ設定を崩壊させてまで、それどころか世界設定を崩壊させてまでやることじゃない。これじゃ葉風は色ボケで周りの見えない馬鹿にしか見えん。


 原作のフォローを入れると、葉風は自分の無力さ・常識の無さを自覚している。だから、資格や免許とったり一人暮らししたりして自立できるよう努力してるのだ。後先考えず男のところに突っ走るなんて愚行はしない。


 ちなみに、羽村の彼女は意外と美人だし、真広の彼女は可愛い(えー)。


 そして、原作通りだったら愛花のブラが拝めたものを(マテ)。


 総評。
 原作は置いといて話の流れを評価しようと思っていたんだが、最後にとんでもないことをやってくれたのでそうもいかなくなってしまった。
 この最終話手前2話分の改悪は本気でどうしようもない。それまでに積み上げてきた世界設定・キャラ設定をたった1シーンのために潰すというアホさ。
 これまでの端折りは最低限に止められていたと言っていいかもしれないが、ここだけは許せない。辻褄が合わなくなってるもの。
 やはり脚本・岡田麿里はもう観ないことにしよう。池田眞美子・吉村清子とともに永久に封印決定。

関連記事
コメント
トラックバック

◎絶園のテンペスト第二十四幕「それぞれの...

->とても寒く感じる{サモ>守りきれるか?{))ハカゼ:一隻逃げ遅れてる>>今度へたなまねをすれば脅しじゃすまないぞ。ごめん僕のセイで。銃弾ってこういう痛みなんだな新鮮※死んでな...
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top