バクマン。3

バクマン。3 『第25話 夢と現実』

もしもの話 (初回限定盤)(DVD付)
Pride on Everyday(初回生産限定盤)(DVD付) (通常盤)


 亜城木夢叶の名前に見吉が入ってないことがずっと引っかかってたんだよなぁ。だからサイコーが見吉に対してしっかりと感謝を意志を伝えたのはすごいよかったわ。
 そして、亜豆の親父は結局スルーされまくりだよな。こんなに娘がエライことになってるのに(ニガリ)。


 暗い! 暗いよリバーシ!!
 でもそういやデスノートもこんな感じだったよなぁと納得した(笑)。この前キッズステーションで総集編やってたから思わず観ちゃったよ。
 しかし、このヒロインはどっちかっていうと亜豆よりも亜豆の妹に似てない?(えー)。


 もどかしすぎるわお前ら!
 まぁ約束の文言でプロポーズっていうのは粋な演出であった。あの時は勢いだけであったが今度はしっかりと自分の意志で言えたしな。ていうか、ここで亜豆主導とかありえないから言えないと困るんだけど。
 そして、車を購入した事実よりも免許を持っていた事実に驚いた(笑)。


 でもさぁ、やっぱり結婚式やらないのは消化不良と思わないかね? だってシュージン達の結婚式はやったんだぜ?
 そりゃ平丸さんと蒼樹嬢の式も嬉しいけどさ、ぶっちゃけお前らはまだ結婚してなかったんかいっていうレベルだし。
 図書館戦争で柴崎の結婚式しないまま終わってたらこんなもやもや感だったんだろうなぁ。加筆して正解だったわあれ。


 総評。
 3期にわたって構成されたというのは珍しい体制ではあったが、これ自体は別段の問題もなかったと思ってる。一気に見れなくてもそれぞれでしっかりと終わらせた後に続きがあることを告知しておいて始めるというのは、昨今にありがちな2期有りきで中途半端に終了する1クール作品とは一線を画す試みであったといえる。
 ただ、“打倒エイジ”という目標が“亜豆との結婚”という目標に完全に潰された形となったのは痛い。後半は完全にエイジとのさしの勝負が描写不足で圧倒的強さを誇ったエイジを打ち破った説得力が欠けてしまった。
 そして、シリーズ通して『敵対者』の存在を確定し続けられなかったのもマイナス評価。別に敵対者を作る必要性はなかったのに、作っては早々に退場してしまうの繰り返しだったことを考えると、作ろうとして失敗したとみたほうがいい。特に七峰を登場させるために岩瀬を強制退場させたのは大失敗だろう。原作通りだとすれば、連載時の脚本のブレということになるのだろうか。アニメでは修正しても良かったんじゃないのかね。
 3期に入って溜まったフラストレーションが大きすぎて、終わり良ければそれでよしということにならなかったのは残念でならない。

関連記事
コメント
トラックバック

◎バクマン。3第25話「夢と現実」

コナ>プロデューサのコナカです_服部です。リバーシ宜しくお願いします[編]ミウラ>明日からアニメ始まりますね。感慨深いです。色々ありましたから>アフレコいってないんですよ...
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top