閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第9話 秘立蛇女子学園』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 先生、そりゃないよ先生!?
 あんた、前の襲撃の時もそうやって敵の存在に気づかずに出し抜かれてたじゃないかよ。基本的に侵入不可能と言いつつ裏切り者の手引きによって結界がすでに瓦解してることは分かっていたはずなのに、索敵もしないままに最重要機密まで敵を案内とかボンクラすぎるだろ。
 実際今でも寮にまでやすやす忍び込まれてるしな。そういや、そこそこの実力の斑鳩兄でさえ侵入できてしまうんだから、ここはまるきり無防備なんだろう。危機管理とは何かね。
 そもそも、最重要機密を守ってるのが先生一人だけ(あとは大道寺先輩)しかいないってどういうことなのかね。むしろ半蔵が持ってたほうが安全だったんじゃね?


 まぁ敵も操ってそのまま拉致したわけでもなく、本拠地の場所を書いたメモを残していくというマヌケっぷりを発揮していたのでどっちもどっちなのかと思っていたのだが、先生との違いは本気で任務そっちのけで雲雀を引きこむことが目的だったっていう真正の馬鹿だったことだな。キャラ付けとしては正しい。
 先生の方は展開を優先するために脚本の都合で無能になってるとしか思えんわ。


 来る者は拒まず。
 蛇女の理念は聞こえはいいがなんのことはない、ただ他人を信用しないというだけの話だ。この辺は焔も認めていたしな。
 善忍が血筋を重んじるのは、その先人たちが積み重ねてきた信頼があるからに他ならない。優秀な親は優秀な子を育てる、その繰り返しを何世代も続けていたという事実はどの言葉よりも信用に足りるということだ。
 少しの揺らぎも許されないのは、それすなわち死につながり、結果的に善忍社会に致命的な打撃になりかねないからだ。だからこそ、任務に失敗したものは一生の恥とされ、それまでの信用を一気に失ってしまうのだ。葛ねぇの両親のように。
 自分しか信じないのと他人から信頼されるようになるのとどっちが難しいか、言わずもがなである。どんな理屈を並べた所で、悪忍は信用を勝ち取るという苦行から逃げた臆病者にすぎんのだ。
 閑話休題。
 鈴音はやはり2重スパイの可能性が高いよなぁ。自身の任務失敗の汚名を雪ぐ気なんじゃないだろうか。まぁ正直、蛇女の場所は雲雀が残しておけばよかったのに思わざるをえないんだが、雲雀本人は援助なしにやるつもりだろうからあえて残さなかったんだろう。

関連記事
コメント
トラックバック

◎閃乱カグラ第9話「秘立蛇女子学園」

x)ヤギ:ヒバリ起きてるかt>侵入者だと・・・痺れ玉Θ-)秘伝忍法書が奪われたt>ここにいるものだ[ヒバ]ヒ)秘伝忍法書、どうしてここに ハル:ご苦労様。ちゃんとお友達になって...
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top