バクマン。3

バクマン。3 『第23話 マイクと台本』

もしもの話 (初回限定盤)(DVD付)
Pride on Everyday(初回生産限定盤)(DVD付) (通常盤)


 おい、サイコーの写真すら報道されてるじゃねーか。
 これってさぁ、実際に本人に許可取るわけないんだけど、それ自体は問題にならないのかなぁ。漫画家だからって公人扱いっていうのはどうかと思うし。
 監督は本気で亜豆起用を公平に判断するつもりだ。仮にオーディションやっても確実にコネだといわれるのは目に見えてるからなぁ。オーディションっするのにも金かかることを考えないのかね。
 と、思っていたんだが、公開オーディションをネットどころかテレビで生放送できる力と金があるんだったらコネのための形式だったと言われても言い訳できないよな(笑)。いや、マジでジャック作品の力ってすげぇ。普通無理だよ、こんなの。
 そして、亜豆の妹がすげぇでかくなっててビックリだ(笑)。外見が変わらないから認識しにくいけど亜豆だってもう24才だからなぁ、初登場で小学生だった妹ももはや大学生あたりか。


 うわー、久々に出てきて嬉しかったよアスミス(笑)。良い人オーラは最初から出ていたけど、現在でも変わってなくてよかったわぁ。
 そしてまさかの平野文登場に色めき立ったよ! 亜豆ママン以外に縦ロール熟女が出てこようとは(えー)。
 しかし、この人の演技が妙におばさんっぽいって思ったのは平野さんがわざとそういう演技をしたと思ってるんだがどうか。多分もっと若くしようと思ったらいけるんじゃないかなぁ、とうる星やつらのCMを見て思うのであった。


 別に一人だけ間違いに気付いたことが重要なのではなく、それに気づけるほどに原作を読み込んでいたことで誰よりも役をつかめていたということが勝因だということだよな。実際亜豆はこの間違いを事前に指摘しようとしていた。もし台本にミスがなかったら亜豆が台本持って演技したんじゃないだろうか。間違った台本を見ながらよりも、いっそ何も見ないほうが役になり切れると思ったのだろう。無論台本がなくてもいけるという自信があったのも間違いない。
 自分の実力を最大限に引き出すために最善を尽くした亜豆が勝ち残ったのは必然と言えよう。ベテランの声優がその実力を認めた以上誰にも文句は言わせないという説得力もついた。

関連記事
コメント
トラックバック

◎バクマン。3第23話「マイクと台本」

m)座って食べなさい=声優アズキミホの純愛サイコ:はぁはぁ=>綺麗なお嬢さんじゃないかm)反対しないから。結婚よ=>ワシもせんよ、お前は立派に働いている男じゃからな[仕事]c)びっく...
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top