FC2ブログ

バクマン。3

バクマン。3 『第17話 ゾンビと悪魔』

もしもの話 (初回限定盤)(DVD付)
Pride on Everyday(初回生産限定盤)(DVD付) (通常盤)


 この岩瀬の復活がなんとも説得力のないこと。
 敵からライバルへの格上げをあんな適当にやってしまうから、共に競い合い高め合ってきたライバルという立ち位置に納得できるはずもなく、よって全員集合する理由もなく、最終的には“今まで一人でやってきたけどこういう時にそばに居てくれる仲間の存在をありがたいと思いつつツンデレ要素で返す”っていう岩瀬の成長がしょぼくなってしまうのであった。
 あそこでしっかりと敵対者として確立されていて、CROWとの全面戦争のさなかまるで相手にされずに叩きのめされるという展開であったらまだよかったのになぁ。


 編集長がここで退いてしまうのは、亜城木夢叶が完全に作家として独り立ちしたっていう証なんだよなぁ。
 エイジに関してはなにも手を出さなかった編集長、ようやくここで亜城木夢叶はエイジと同じ土俵に上がれるということだ。
 しかし、思った以上に編集長は甘かったんだなぁという認識になってしまった。こっちとしては亜城木夢叶に対するもろもろの処分は順当だと思っていたし、入院の一件の連載再開はむしろ作家の圧力に屈したことに失望したもんだが、こっちの方が素の反応であったということか。


 やっぱ最終的にデスノート系で収めていくんだな(笑)。
 まぁデスノートはダークヒーローではあるが王道ではないと思ってるんで、デスノートの構成に反省を踏まえた作りになってるんだろうか。最後の打ち切り感半端無かったし。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top