FC2ブログ

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第五幕 全てのことには、わけがある』


 相手が故人とはいえ、ここまで見せられると吉野に殺意が沸くな(えー)。真広に知られたらそりゃ半殺しで済むかどうか。いや、死ぬな(マテ)。


 姫様の頭は切れるが小賢しいっていう批評がドンピシャリ過ぎる小物っぷりである(笑)。夏村がいかに魔法使いとして優秀だったかわかるよなぁ。
 数で勝っておきながらさくっと逃げられた挙句、逆に一箇所に追い込まれて一網打尽にされるなど迂闊にも程がある。夏村だったら同じ状況になっても即行でカウンターを決められるんだろうなぁ。ていうか、感電くらい魔法で遮断できそうではあるが、哲馬は爆発を防ぎきった夏村ほど魔法の威力がないということなんだろう。

 すべてのことにはわけがあるとすると、そのわけを設定してるのははじまりの樹ということになり、はじまりの樹に庇護されている姫様が有利が状況になるために真広と出逢うように設定されていたとしたら、すなわち愛花が死んだのもその設定の一環なんじゃないか。
 ということに吉野が気付くのはわかるとして、真広も気づいてしかるべきだと思うので、気づいて尚復讐に走っていると信じたい(えー)。


 一番の実力者である姫様ともなると、こんな豆粒程度の魔具で山ひとつ消し飛ばせるわけだよ(笑)。いや、姫様の力が特別強いから哲馬は反抗してるわけだけど。
 そりゃ真正面から挑んで勝てるなんて絶対思わんなぁ。


 姫様は既に死んでいたんだよ! なっなんだってーっ!?
 まぁ、左門達が姫様と断定して動いてる以上島にいる姫様が偽物でしたって言うこと絶対にありえないので、その辺は全く心配はないんだが。
 それに、左門にとって姫様が最後の切り札っていう推論は正しいと思われるので、左門にはやはり緊急時に姫様を呼び戻せる手段があると思っていていい。つまり、現状で姫様が死んだことが確定してても、実は状況的には何も変わってないっていう(笑)。

関連記事
コメント
トラックバック

◎絶園のテンペスト第五幕「全てのことには...

{ハカゼ:130日Ω森>真広:お目覚めか?》ハカゼ:目指すべき場所をな卍左門:あの二人の動向が気になるか 夏村:断りを守る力、同様にここをみつけることはできないでしょう...
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top