FC2ブログ

TARI TARI

TARI TARI 『最終話 晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり』

TARI TARI 1 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 2 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 3 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 4 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 5 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 6 [Blu-ray] [DVD]
Dreamer
潮風のハーモニー


 結局、ダメな奴で挽回できたのは校長のみっていうね。自分の非力を認めて謝罪する姿勢っていうのは大事だよ。
 教頭がもはや巻き返すことは不可能と思ってたけど、どうやら前回の墓での会話で教頭の持ち上げは済んでる様子に心底がっかりである。まぁここで上げる描写があっても絶対に納得はしなかっただろうが(ニガリ)。だから、ここで教頭に指揮を任せることにものすごく憤ってしまってねぇ。
 最大の悪である理事長に至っては単にズボン降ろされただけで、理不尽な学校閉鎖に関してはまったく触れられずそのまま進行されてしまう始末。こんなの法的に叩けばいくらでもホコリが出るだろうに。
 お前はプレハブの校舎で授業受ける虚しさを知らない。最後の学び舎が即行取り壊し可能なんざ思い出もクソもない(経験談)。


 いろいろな状況を無視すれば、この演劇会は最高だったんだよなぁ。
 …でも、やっぱり教頭が指揮してることに納得できねぇぇぇっ!!


 紗羽もいい女だっただけに、あの騎手学校の情報不足が残念でならなかったわけだが、海外に出る一発逆転の方法をひねり出して、しかもしっかり行動に移してるところはさすがだ。親父に関しては、いくら応援する立場になっても、やっぱりあの暴言が相殺されることはないなぁ。
 そして、ここでまさかの大智告白タァァァイム!なんかOKっぽいのが!!どういうことなの!?(えー)。
 いや、大智がいい奴なのは間違いないんだが、紗羽がいい女過ぎて、もうコブラレベルを持ってこないと釣り合わないんじゃないかと思ってる自分がいる(マテ)。


 ヒューッ!
 最後にED持っていて全員で歌うとかもうどこまでも5人で歌ってればいいのにーっ!!
 だが、一番最初に思ったのは、紗羽の格好エロいなぁだった(最悪)。
 結局、ウィーンだけ将来の具体的な道が見えないまま終わっちゃったなぁ。途中そんなことで悩んでたフシがあったのに。来夏はあれだから全然構わないんだけど(えー)。


 総評。
 花咲くいろはの汚名返上となるか期待した作品であったが、結局は同じ所でつまずいたというオチがついてしまった。なんでこうも嫌なやつを落として上げることは下手になるんだろうか。さすがに主人公以外全員嫌な奴な勢いだったいろはほど酷くはなかったけど。
 むしろ、いい奴のレベルが高くて印象としては良かっただけに、嫌な奴代表の教頭の処理を誤ったのは致命的だったなぁ。
 脚本家が変わってるだけに改善ポイントが全く改善されてないのは、ホント実に勿体無い。
 あと、どう見ても主役は来夏である。もっと和奏を中心に描けなかったものか。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top