FC2ブログ

ef - a tale of melodies.

ef - a tale of melodies. 『11. reread』


こうして鍵は凪の元へか。


久瀬の仮面完全崩壊!!
一人でいる場所だった屋上が始まりの場所に。

しかし、心臓患ってる人間にとび蹴りはないなぁ。普通に引いたわ!!


まぁこのまま久瀬が死んで終わるわけが無いとは思ってたが、手術できたんだなぁ。
しかし、1期の最終回OPが来るとは!!このヒロインの影を助けに来る描写がいいよなぁ。
そして優子は本当に幽霊なんだなぁ、姿が見えないぜ。つーか、紘たちはそんな名前も知らない怪しい存在とよく普通にしゃべってたよなぁ(笑)。


あのEDの写真は夕と優子だったのか。
ここまで来るともう何も言うことが無いなぁ。あとは久瀬がどこまで幸せに余生を過ごせるか。このまま一直線に最終回へ突っ走れ。



で、ここからは謝罪会見(笑)。
散々あれこれ書いてきたカレンダーの表記ですが、重大な勘違いをしていたことに気付きました。

オーストラリアのカレンダーの曜日配置は日本と違うんですね。

向こうでは日曜日が一番右に来るんですね。これでネックだったフィーネ印の2月カレンダーの謎が一気に解けましたよ。もうここまでトンチンカンなこと書きまくってたわけですよ(ニガリ)。自分の洞察力の無さに凹みまくり。

そして、それを踏まえて考えると、今までのカレンダー描写が至極真っ当に時間が経過してることが分かる。
上段左が4話の紘のカレンダー。これは日本と同じ表記と思われるので10月のカレンダーで4話の時点で10月25日。ここでフィーネ印が付けられる。
上段右、5話で久瀬が10月のカレンダーに×を付けてるが、ここからおそらく数日経ってないであろう7話のカレンダー(中段中央)で10月30日になっている。
そして9話のカレンダー(中段右)で11月25日となり約1ヶ月経過してると思われる。

凪が景をオーストラリア行きを誘った時期が10月26日~28日あたりということになるわけですが。
ここで雪が降りまくってたのが引っかかってたのですが、どうも東北では10月始めから雪が降ることはざらなようで、音羽が東北にあれば問題ないみたいですね。

問題は9話の最後のミズキの「25日」発言。あれがクリスマスであることは明白であるが、日付だけ言ってるという事はその時点で12月であると考えるのが自然だ。
しかし、11話の時点でカレンダーが11月で止まっている(下段右)。清算し終わった時点で久瀬がカレンダーに印をつけるのを止めたとも考えられるが、どうも時期がはっきりしないなぁ。

あと、ミズキが学校休みすぎなのも気になる。少なくとも2ヶ月は経ってるわけだからなぁ。受験終わったとはいえ、それで学校はいいのかね。確か音羽の付属だからその辺も多少は甘いのだろうか。


なんにせよ、紘の締め切りクリスマス説は完全否定だ。もう嫌になってきた(えー)。過去の記事消したいわ。
しかし、実際の放送時期と同じように時間が経過してると素直に考えることも出来るわけで、いかに自分のひねくれているのかが分かりますね。
いや、本当に申し訳なひ。


ef - a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)ef - a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)

罪滅ぼしの宣伝しておく(えー)。
ボックスのイラストがミズキ&優子の時空を超えた制服ショット。裏には凪もいたりする。
本編では大きい方のミズキは幽霊優子に逢ってないんだよなぁ。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top