FC2ブログ

Fate/Zero

Fate/Zero 『第二十五話 Fate/Zero』

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
to the beginning (初回生産限定盤A)(DVD付) (アニメ盤)(DVD付)
空は高く風は歌う (初回生産限定盤A)(DVD付) (初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付) (アニメ盤)(DVD付)


 なんというかね、起こってることは未曽有の大惨事で、それによって切嗣の精神崩壊が激しい悲しい場面なんですがね。
 もううっかり聖杯破壊されて巻き込まれた挙句、綺礼を気付くのを全裸待機してた慢心王が面白すぎてね(えー)。いや、マジで笑いを堪えるのに必死だったんだが(笑)。
 まぁオモロ担当は置いといて、それぞれの結末がもう救いようがなさすぎてもう。愉悦部はともかく。
 おじさんはこれ、あのバーサーカーのブーストで死んだんじゃなくて自力で戻ってきたのだろうか。どっちかっていうとあのクソジジィが蟲に食わせるために持って帰ってきたって思ったりもするが。
 なんにしても、ここまで身体張ったのに当の桜にすら罵倒されて終わるおじさんが一番のバッドエンドなのかもしれない。やはり魔導に関わった人間はろくな奴にはならないということなんだなぁ、桜も含めて。つまりあのクソジジィと時臣のせいだな。


 あぁウェイバー、お前がいなかったら本当に救いようのない話だったよ。お前は有象無象の魔術師の中でもブレることのない良識と精神力を持って真っ当に生きていってくれることだろう。まさに王の生き様をその身に刻み込んで。なにも残せず泣くしか出来ないセイバーとの余りにもな違い。
 って、遠坂のママン生きてたんかい!?いやまぁ、脳障害と身体障害を患った母一人を残して家督を継がなければならない凛の重圧は、生きててよかったとか言えるほど生易しいものじゃない。
 そんな凛にすら父親殺しの凶器を渡しちゃうあくどい綺礼ですよ。嘘は言ってないけど真実は語ってないという、ゼロスと友だちになれるね。
 そして、ここからstay nightに続く主人公の意志の引き継ぎなんだが、アニメの方の出来がさっぱりだったことを思うと、その精神は仇となりすぎよーと言わざるをえないのが悲しいのであった(えー)。



 総評。
 安定の作画能力と安定の脚本家が作ればしっかりとしたものが出来上がるってことだよなぁ。
 アニメの都合上端折られた部分が随所にあったと思われるが、これといって不備があったとは思わないし。
 終着点は、元々が別作品の前日談として作られてる以上、設定上すっきりした終わり方が出来ないのは初めからわかっているので、各キャラのちゃんとした決着がついてることが最大の評価点であろう。
 とにかく、ライダー組がいてよかったなぁ(笑)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top