FC2ブログ

戦姫絶唱シンフォギア

戦姫絶唱シンフォギア 『EPISODE2 雑音と不協和音と』

戦姫絶唱シンフォギア 1 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 2 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 3 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 4 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 5 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 6 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
Synchrogazer
Meteor Light (初回生産限定盤)(DVD付)
戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソングシリーズ1 ツヴァイウィング キャラクターソング2 キャラクターソング3 キャラクターソング4


 突然目覚めた力にそのまま大勝利!なんていう都合のいい展開じゃなくてよかった(笑)。
 しかし、手錠&連行時の響や司令部の歓迎モードによるギャグがスベってる感満載なんだが(ニガリ)。
 響のポジティブさと翼のネガティブさ&作品の殺伐さがマッチしてないっていうか、響の明るさが空回りしてるのは確かなんだけど、それに司令部の面々が乗っかってるんで、むしろ翼がアウェー状態なわけで。でも、作品の深刻さでいうとネガティブな雰囲気になるのが当然なので、このコメディよりの対応に違和感を覚える。
 シリアスとギャグの融合が難しいといつも書いてるんだけど、これも上手くいってるとは言い難い。
 それはともかく、通常は外部の石を使って装備を蒸着してるわけか。響の場合、身体の中にあったからああいう描写だったわけね。服は変換してだろうが。


 そりゃ覚悟もなにもない小娘がかつての最愛の相棒の装備を纏って乱入してきたら切れるわなぁと思いつつ、いきなり勝負を挑むのはキレる方向がひん曲がってるんじゃなかろうかね。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top