FC2ブログ

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『23 運命の至る場所』


 こんな真正面から挑んでいたのか桃果。
 これは目の前でないと使えないっていう制約でもあるんだろうなぁ。でなければ正面きって戦いを挑むような馬鹿な真似するわけないし。
 彼女の正体が桃果っていうのは一度考えたんだけど、そう考えるよりも彼女が桃果に力を与えたと考えたほうが自然だと思ってたんだよね。実際桃果はあのペンギンの帽子になったわけだし。やっぱりマリオの方についてたのも彼女だったんだな。
 しかし、冠葉と真砂子の二人に接触するようになったのは偶然じゃあるまい。死んだ夏芽の親父に関係してるんだろうか。
 ていうか、医者の本体は黒ウサギの方かよ!?まぁ医者本人は死んでるんだから実態があるわけないんだけど。


 冠葉がただのガキにしか見えなくて困るな。
 いや、ほら、自分の境遇に辟易してどうにもならない怒りを世間にぶつけるために無差別殺人事件起こすみたいな?…そのまんまじゃねーか!(えー)。


 おわーっ!?完全に日記消失しちゃったよ!?とりあえず苹果は頑張った。ていうか、よく燃え移らなかったな。水槽に投げ入れればいいのにって思ったのは内緒だ(えー)。
 最後の切り札まで失ってこれでどうやって止めるのよ。
 と言いつつ、ピングドラムって=運命って感じだから、運命は自分達で切り開くものさ、なんていうベタな終わり方しか想像できん(マテ)。
 帽子桃果が呪文暗記してましたとか。いや、桃果が呪文暗記してたら日記必要ないんだけどね。
 または、実は百合さんが渡したのはダミーで、呪文の後半の書かれた部分は無事でしたとか(マテ)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top