FC2ブログ

C3 -シーキューブ-

C3 -シーキューブ- 『第十一章 狂信者は何処かにいる』


 むぅ、フィアが黒絵を疑っていた根底が、呪いに対する猜疑心だったことは納得したが、黒絵が被害者から髪を渡されていたシチュエーションがどうしても納得できない。だってこれ美容院で切ったものだろう?だったら回収するのは黒絵じゃん。それをまとめて被害者に一旦渡してさらに黒絵に返したっていうの?よくわからん。ていうかあれ髪渡されてたのかよ!?
 変態シスターはやっぱり変態でした。前のビッチがワースの否定を極めた人間なら、こいつは人間の否定を極めた人間なんだろうな。ワースを肯定と言いつつフィア達の意思は丸無視なので、決してワース自体を肯定することに命をかけた人間じゃない。
 ていうか背景がヘブン状態で笑っちゃったじゃねーか!(えー)。


 イーノックはマジでアホだなぁ。戦闘力の高い、しかも不死身の人間に対して何故こうも強気の態度でいられるのかね。組織の後ろ盾か。まぁそれで捨て身の脱出を図られてんじゃ世話ないよな。
 しかし、このアニメは尽く演出が下手なアニメだなぁ。フィアにお仕置きするこのは「あとは黒絵に」発言も間の悪いこと。ギャグシーンでもそうんなんだが、いわゆる『オチ』のカットに入るまでの一瞬が長いんだよなぁ。前のカットと繋がってるように見えない。結果テンポが悪くなる。
 
関連記事
コメント
トラックバック

◎C3-シーキューブ-第一章「布団に移るものを...

とある古びた一軒家で一人暮らしをしている高校生・夜知春亮。ある夜、台所からの怪しい気配に目を覚ましてみると、そこにいたのは全裸の煎餅泥棒女で!?フィアと名乗るその少女曰く...

◎C3-シーキューブ-第十一章「狂信者は何処か...

キリカを家に呼ぶ。そして、クロエが被害者の髪を食べていたのをフィアがみたと話す。クロ:疑いがはれるまで、私を監禁すればいい。フィアさんは、本当は疑いたくなかった。髪を食...
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top