FC2ブログ

THE IDOLM@STER

THE IDOLM@STER 『第二十一話 まるで花が咲くように』


 手段が狡くなってきたぞ961社長。
 ついに自分で直接圧力かけなきゃいけない状況に。もう手駒がいなくなったのか、さすが人望のないことに定評のある社長(えー)。メイクの妨害も自分で電話かけたに違いない。
 そして手製メイクと言われて宣材写真の伊織を思い出して不安になった(笑)。だがしかし、ここは貴音のナイスフォローで凌ぎきった!やはり頼れる娘!!
 Pはここで自分も付き添って行く辺り分かってるなぁ。音源まで持参しておいてできないっていうのは明らかにおかしいからなぁ。まぁそんなことがなくとも妨害とわかってて現場に行かないのは無能すぎるしな。


 前回ので千早の一件を終了させずに、ちゃんと対外的なイメージ戦略も見せてくれて安心したわ。そういう意味で対バンのイベントっていうのは打って付けだったわけだ。
 そして、ジュピターの離反であるが、結局これでジュピターは終わらせてしまったようで虚しいのぉ。
 なにが「知らなかったとはいえ」だよ。知ってただろうが、961社長が汚い手を使っていたことは。自分の発言に責任取らずに謝れば済むとでも思っているのか。事務所やめたのは自分たちの都合だしな。謝るならアイドルたちに土下座した上で引退するくらいしないと釣り合わん。


 なっなんだってーっ!!?
 まさかアニメで小鳥さんの歌を聞くことになるとは。
 しかもなんだこの両社長と写ってる写真は!?善澤さんがすげぇ若いぞ!?何年前だ!?
 って、よく見たらほくろの位置が違う!これは小鳥さんのお母さんか…?一瞬でも小鳥さんはいくつなんだと思ってしまったじゃないか(えー)。
 昔一緒に仕事してたって本当だったんだなぁ。しかし善澤さんよ、961に対して根はいいやつとか言われても全然説得力ないから!根がいいやつは犯罪スレスレのことをやったり人をコマ呼ばわりしないから!!少なくともアイドルを人として見てないから!!
 高木社長の「若い人に任せる」発言は興味深かったなぁ。なぜなら社長にアイドルプロデュースの才能があるとは全く思えないからだ(笑)。昔は失敗してたんだろうなぁと目に浮かぶ(えー)。


 というわけで、千早回の続きだと思ってたら小鳥さん回でした。
 まさかのEDが津軽レインボー。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top