FC2ブログ

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#8 崩落』


ルーク、完全に自己中に走ってるなぁ。
この状態でまだ中に要救助者がいること自体がおかしいことに気付いてくれ。


ついに本性でた。
催眠術とは凝ったことしてるなぁ、ヴァン。しかも魔物操ってるし、どういう力の持ち主なんだ。
ティアはヴァンの思惑の全容を知っていたわけだろうが、どういう経緯でヴァンを見限ったのか気になる。


って、まさかの世界二重構造!!!どんなデスティニーだよ!!!
おいおい、天地戦争でも起こるのか(マテ)。
しかし、同じシリーズでこうも設定被るとはなんとまぁ思い切ったことを。デスティニーの方は崩壊後の話だけど。つーか、クリフォトの当て字がまんま魔界って。

やっぱり、クリフォト側は外殻側に戦争しかけるようなことになってるのなかぁ。
ヴァンとティアの話だとどうも外殻側を滅ぼしてクリフォトの人間を上に持っていく計画だったみたい。でもヴァンは実際には外殻大地そのものを滅ぼそうとしている。セフィロトツリーをずべて破壊できれば外殻大地は崩壊するだろう。しかし、そうすればクリフォト側もただではすまないだろうし。


この期に及んでルークはまだ自分の責任を認めようとしないのは大問題だよなぁ。さすがにガイにすら見限られる。

アッシュは一体なにがしたかったのやら。セフィロトの封印はおそらく外殻側とクリフォト側を断絶するためのものだろうから、アッシュは封印を解いて自由に行き来できるようにしたかったのか。教団の人間でもイオンがいないと往来は無理だろうし。
アッシュは自分が誘拐されて替え玉まで用意されていることを知りながらヴァンのところにいたんだよなぁ。おそらく反逆のチャンスを伺っていたと思われる。

しかし、ルークはただセフィロトツリーをひとつ破壊するためだけに作られたのか。なんかそれだけにしては手間がかかりすぎでは。
いや、本来はアッシュを使う予定だったが離反されたために急遽ルークを代用に立てたのか。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top