FC2ブログ

Fate/Zero

Fate/Zero 『第八話 魔術師殺し』


 うわぁ、正妻と愛人がタッグ組んじゃたよ!?いいのかそれで!?
 綺礼は確かに強かった。通常兵器が効かない防御に接近戦でも戦闘力があるとかやべぇ、魔術使わなくても素で強いなこれ。木のへし折りとか完全に魔術じゃなくて発勁だろ。
 しかし、情けないのは舞弥。アイリと違ってお前はプロなんだから、死んだかどうか分からない相手に接近するなど愚の骨頂。何故遠距離で畳み掛けない?そして、木のへし折りを何故黙って見過ごしてるのか。戦闘慣れしてないアイリが固まるのはわかるが、お前はとっとと銃で止め刺さんかい。実際綺礼にやられる寸前に銃口向けようとしてるじゃん。出来なかったとは言わせないぜ。
 アーチボルトはまぁ油断しまくってやられるよねぇ、ていうかそういうキャラなのはわかってたんで大丈夫だ、問題ない(えー)。でもこれって一体どういう理屈で防御抜けたのかわからん。完全にパターンを把握して切嗣が射撃の腕だけで通したってことなんだろうか。


 セイバーとランサーが決めたぁぁぁっ!
 しかし、この程度であっさりと突破される布陣とは、セイバーが本調子だったら一人で何とかできたっていうのはあながち間違いではないだろう。
 で、あっさりとランサーを行かせてしまうあたりが甘いよなぁ。ランサーに意思がなくとも令呪使われたら逆らえないことは前回の戦いで分かっていたはずなのに。アーチボルトが使えないという事実はセイバーが推測したとも思えないしな。
 
関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top