FC2ブログ

THE IDOLM@STER

THE IDOLM@STER 『第十三話 そして、彼女たちはきらめくステージへ』


 まぁ順調に行かないのがお約束だよねぇ(笑)。
 渋滞とかそんな生易しいレベルじゃなかった。台風はマジで危険過ぎる。よく高速が動いていたもんだ。
 そんななか、私を至福の時へ誘う小鳥さんの太もも(えー)。QFK!QFK!(落ち着け)。


 客のテンションのなさっぷりがリアルすぎていたたまれないわ!
 ほら、対バンのライブでお目当てじゃないステージでは盛り上がれないって感じ?(えー)。まぁライブなんてそうそう行ったことないんだが(マテ)。
 こんだけの戦力で迎え撃ってるのにまったく反応しないとは、この客の目は節穴か!っと言いつつも、竜宮小町以外はまともな露出がないんだから知らないくて当たり前かもなぁとも思ってしまうのであった。それにしても貴音ですら挽回不可とか無理すぎる。
 貴音といえば、こういう時に纏め上げるのは貴音かと思ったら春香だったわ。さすが普通のアイドル、テンパって普通のことも出来なかったから普通のことしようという心意気(そうか?)。貴音は対個人用兵器だな(えー)。


 そして、この状況を打開するのはやはり美希だった!っていうか、美希しかいない!!
 約10分間歌いっぱなし踊りっぱなしである。そう、歌うだけなら、もしくは踊るだけならまだしろ両方である。これをこなせてしまうのが美希のポテンシャルの凄さ。さすがエース。
 このあとに千早が入ってたことも幸運だったなぁ。盛り上がったところで765プロ随一の歌唱力の威力を叩き込む。


 ライブシーンの動きが半端ない。だから通常パートがちょっと微妙な所が(えー)。
 美希の乳揺れが!もう!!それに比べてまったく揺れる所がない千早がもう!!(マテ)。
 いや、乳だけじゃなく髪とかすごかったけど。ライブシーンには確実に力を入れる気配を見せるこのアニメ。さすが力の入れどころを把握してるよなぁ。
 そして、チョイスした結果完全に腋メインになったのは大佐のせいである(えー)。
 ちなみに、このステージの観客動員は3000人強と推測される。無名に近いアイドル事務所のライブとしてはでかい箱だったなぁ。ほとんど竜宮小町で埋めたと言っても過言ではないが、逆に竜宮小町だけでは時間が稼げないんだろうなぁ、持ち歌が少ないから。


 あれ!?竜宮小町はカット!?
 ま、まぁデビューの時やっちゃったからなぁ。しかし、最後竜宮小町で締めてそれで終わっちゃったのかよ。12人全員での曲は最初からセッティングされてなかったというのか、おのれ律ちゃんめ(マテ)。
 あんだけ盛り上がったんだからせめてアンコールくらい欲しかったぜ。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top