FC2ブログ

花咲くいろは

花咲くいろは 『第二十六話 花咲くいつか』


 うん、予想通りとはいえ、マジであの眼鏡っ娘の存在がなかったことにされているのが心底がっかりだ。
 ただ言い寄っていただけだらまだしも、本気でなびきかけてた事実を考えると可哀想過ぎる。あのあとどうなったんだよ、本当。
 そして、喜翆荘を閉める事自体はそのまま続行になったことにむしろすげぇ驚いたんだが。この作品の流れだと、あのままゴリ押しで今くいきますって展開になってもおかしくなかったと思う。


 結局、このメンツで最初の悪印象から立ち直ったのって一人もいなかったなぁ、豆爺は最初からまともだったけど。
 蓮さんや巴さんは普通だったのが若頭筆頭によるボイコットで完全に落ちた。他のメンバーにいたっては今まで散々書いてきたから省略。
 あ、結名は途中黒いと思ったらただの天然だったので別にその限りではない(えー)。


 自分の中で株が上がったのは菜子だけだったよ。最後に水着でおっぱいしてくれるし(マテ)。
 クソババァは言わずもがな、考ちゃんは上記参照。
 緒花はまぁ夢が見つかってよかったねと。最初の無気力っぷりに比べたらそりゃ成長の跡が見て取れる。


 総評。
 今まで作画がよくて脚本がダメだったアニメはいろいろ見てきたが、これはその最終形態じゃなかろうか(ニガリ)。
 いやぁ、画面構成は良かったよ、画面構成は。作画の安定っぷりは元より、コンテ・演出に至るまでの細部の細やかさと遊び心は見ててすげぇ面白かったよ。
 登場人物の描写がマジでどうしてこうなったのかを小1時間問い質したい。
 本当にこのアニメは『一度落としたキャラクターを上に上げること』が下手なアニメであった。要は不良が捨て猫に優しくしたらキュンとなる現象なわけだが、その不良が快楽のために人殺しておいて猫に優しくしても取り戻せませんよってレベルだったんだよ。
 落とした内容と上げる内容が釣り合わない。ていうか、上げる前に落とした原因をちゃんと消化しないと上げても無駄。人殺したんならちゃんと罪を償ってねっていう話なんだが、なぜそれができなかったかなぁ。
 主人公の緒花がキャラブレしてなかったのが唯一の救いであった。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top