FC2ブログ

花咲くいろは

花咲くいろは 『第二十五話 私の好きな喜翆荘』


 うわぁ、調子にのって客を大量に取ったら回しきれませんでしたって…。
 これ、前にも同じ状況があったじゃん。普段少人数の客しか来ないからそれに合わせた雇用体系になってるから、満室になったらまったく回せなくなったことが。今回は1日だけじゃない、数日間だぜ?経営能力や自己把握能力どころか学習能力のなさも露呈したな。
 今までのサービス内容を変更してる時点でサービスを妥協してることに気づいていないのが致命的だな。料理人としては料理の質は落としてないつもりだろうが、サービス業としては配膳がセルフのバイキングになるのってえらい違いだぞ。記事の読んで予約取った客は、変わった内容をどう思ったんだろうね?それでも目が行き届いてない上に、従業員はすでに限界だし。
 そして、民子の株はどこまで落とせば気がすむんだろうね。まぁ民子に限らず若頭に賛同した時点で全員落ちたんだけど。菜子はまだ緒花に女将の話聞いたんでギリセーフ。


 結局回せないと悟ってもプライドが邪魔して応援を頼めない始末。そりゃ女将に経営者に向いてないと思われる。まぁ女将も向いてるとは思えなかったが(ニガリ)。
 それにしても、祭の手伝いボイコットしたくせに組合に応援頼もうなんざアホすぎて。落ちるところまで落ちたって感じに。
 結局この事件って、緒花以外の人間を落とすためだけに存在したとしか思えないんだが、意味あったのか?こんなんで従業員の結束を表現できてると思ったら大間違いなんだが。
 で、クソババァはなんで手伝ってるんだろうね。こいつは何やってもクソババァだからもう株上昇には繋がらないよ?

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top