FC2ブログ

セイクリッドセブン

セイクリッドセブン 『#12 セイクリッドセブン』


 石を使わずに変身する展開は予想できたが、これはルリがそばにいない状態でやって欲しかったんだよなぁ。なぜならば、アルマがヘタレすぎたから。アルマのようなヘタレでもルリが一緒なら戦える、というよりも、ルリがいないと戦えない、という感じのほうが強いんだ。だったら、ルリがいなくてもルリの意思はすでに受け取った、だからひとりでも大丈夫っていうほうがアルマの成長としては良かった気がするんだ。
 普通に事情を把握してるアオイにビックリだが、この状況で鏡に対して毅然とした態度をとれるあたり流石ルリの妹だ。それに答える鏡も執事の鏡である(えー)。
 そして、フェイがここで悪石になったと思ったらえらいファンシーでビックリだった(笑)。


 研美は見事な小物っぷりで、小物としては真っ当な最期だったのはそうなんだが、最終ボスとしてはしょぼいと言わざるを得ない。
 アルマの倒し方も、真の力を発揮できましたって言うよりも研美が弱かったですで済まされそうな勢い。
 これ、同じような展開だったブレイドと比較してもトドメを刺せる説得力が違うよなぁ。向こうはただのカイザーナックルだったというのに。やはり今までの積み重ねがモノを言うぜ。


 ここでアオイからナイトへイシを受け渡しが行われるのはどうなんだろうね。
 結局のところ、悪石の力って自分ではどうしようもないことは確定事項なんだろうね。だから他人と力をあわせて乗り越えることに意義があると思うんだが、なんのつながりもないアオイとナイトで成立しちゃったら、ルリとアルマのイシの受け渡しの特性(想いが通じた者同士というつながり)が薄れてしまう気がする。アルマたちは石なしでいけるから大丈夫って事かもしれないけど。
 まだフェイだったら納得したんだがなぁ。そのフェイが最終ボスに繰り上がっちゃったからどうしようもないが。
 でも、フェイを最終ボスに持ってくるにはやはり積み重ねが足りないよな。せめてレギュラークラスの出番があればよかったのに。


 石部の面々の存在意義を問いたい(えー)。
 いや、マジでこいつら出すんだったらナイトたちを話もっと掘り下げればよかったんじゃないのかなぁ。ナイトエディションなんて特別編作るんだったら、本編に回してやれよ。これでただの総集編だったら笑うけど。
 あと、SPと研美の関係性もな。


 総評。
 1話の出来からの期待が見事に裏切られてしまった感じがしてならない。
 一番の原因はアルマの想像以上のヘタレだったことだな。1話のあアルマの態度こそ1話詐欺と言っていいかもしれない。そのへら手を挽回する機会がまるでなかったし。いや、あったんだろうけど、挽回してるように全然見えなかったのが問題。元々のポテンシャルに依存してるだけだったからなぁ。
 お嬢様、鏡、メイド隊、他の素材が良かっただけに主人公だけが成長できてない(ように見えた)ってのは残念でならない。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top