FC2ブログ

異国迷路のクロワーゼ

異国迷路のクロワーゼ 『第09話:「秘密」』


 抹茶に砂糖とミルク、普通に美味そうって思ってしまった(笑)。
 なので、湯音が果敢にも飲んだ瞬間に「あれ?意外といける」なんて展開になるかと思ったらやっぱマズイのね。いや、もしかしたら湯音が現代の甘い抹茶味に慣れていないだけかもしれん(無茶な)。
 湯音はやっぱお茶も立てらてるんだろうな!当時の日本人のステータスでもお茶を立てられる人間って庶民的にはあんまいなさそうだし、湯音の家って結構デカそうだったから湯音の実家って実は実力者なんじゃ…?


 家柄としてクロードが庭に入れることが不思議でならなかったが、やっぱ内緒の恋だったんだなぁ。
 結局のところ、クロードがカミーユと一緒になるには、カミーユの言うとおり情夫になるしかなかったんだよね、クロードとしては身分の違いがわからないただの子供だっただけで。
 カミーユからしたらどうしようもない自分の現状での最大の譲歩だったのに、クロードは結局カミーユの手を離してしまったんだな。


 まぁ確かに、カミーユは昔の自分のポジションに収まる湯音に八つ当たりするくらいいい人には見えないので、クロードの言うとおり人を信用しすぎな感じはする(笑)。
 けど、クロードの朴念仁はおとなになった時分でも変わってないので、湯音の性格がカミーユの二の舞にならないことの防波堤になってるとも言える(のか?)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top