FC2ブログ

花咲くいろは

花咲くいろは 『第十五話 マメ、のち、晴れ』


 よかった、両親はまともな感覚の経営者で。
 最初に申し出た時点で、渡りに船とばかりに受け入れちゃったらどうしようかと思った。再度の申し出にはきちんとした対応を見せてる辺り、息子と違って人を使える術は持っているようだ。伊達にこの規模の旅館を回してきたわけではないということか。
 まぁ機械化に頼って人件費を削減したりする手腕は認めるけど、その機械が停止したときのことは想定してなかったあたり詰めが甘いか。
 花はそりゃ花の性格ならなにがなんでも仲居しちゃうだろうな!菜子や民子が駆けつけてくるのも計画通り!(えー)。ここで花がお膳をぶちまける展開にならなくて心底安心した。
 ただ、花が仲居として優秀なのは女将の教育の賜物ではなく本人の努力だということは付け加えておく(苦笑)。なんでこう、あの女将は周りの人間に評価されてるのか分からんぜ。
 そして、クソババァの過去が明らかに(以下略)。


 つまり、仕事のなんたるかがわかってないただのお嬢様だったということだ。大事なことだったので前回と合わせて2度言いました。
 花と比べられて対抗心を燃やしたとき、ここで花嫉妬腹黒展開が!?と、一瞬期待したがそんなことはなかったんだぜ?
 思った以上に結名がアホだったので余計なことまで邪推しちゃったよ。なんだ、洗剤落とさずにぬるぬる落ちないって。こいつ家事すらまともにやったことないんじゃないのか。
 仕事の例もデザイナーだのクリエイターだのアーティストだの、夢がありそうで全然具体的じゃないのばっかりだった辺りもアホなを強調してたなぁ。マジで仕事を真剣に考えたことないんだな。
 配膳は結局客に並べてもらうという体たらくを発揮してしまったわけだが、これはもう花の人徳としか言いようがないなぁ、旅館としても謝罪してるし。仮に生徒が手伝わなかったとしたら風呂の間に終わってたのかが気になるぜ。


 ディフェンス能力が半端ないぞ(笑)。ジャミングシステムに真っ向から勝負を挑むその心意気や良し。
 本当にこのアニメは作画演出だけはいいんだから(ニガリ)。
 ところで、報酬が露天風呂か仕切りだけっていうのはまぁ本人たちがボランティアで買って出たんだからいいのかもしれないけど、仮にもバイトの代わりに入ったんだから、少ないながらもバイト代が出るべきとは思ってたよ。


 お土産がリクエスト通り過ぎる!
 女子高生の修学旅行の土産にいやらしいものを頼むのもどうかと思うが、まりもっこりは素晴らしい切り返しだ思うよ(笑)。ていうか、旅行先って静岡だったの?
 女将への土産の荘厳なもので何を買ったのかが気になるぜ。
 結名は結局働いてみて真剣に考えるようになりましたっていうことなんだけど、その成長よりもアホさ加減が勝ってる気がして、素直によかったなぁって思えないんだがどうしよう(えー)。

関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top